犬のハロウィン アメリカは本気だっ!

犬のハロウィン アメリカは本気だっ!

合わせて読みたい三浦半島シリーズ

1. ハロウィン迫る! ワンコの仮装はどうする?

ハロウィンが迫ってきました。

このところのハロウィンはクリスマスよりも盛り上がってますよね。

なんとなく子供置いてけぼりで、オトナが楽しんでいる風情もあるんですけどねー。

仮装もどんどんエスカレートしていっているのですが、まだまだ「人間」の仮装ですよね。

なんで愛犬を仮装させないんだ! ま、いろいろ意見はあるでしょうけど、お祭りのシャレとしてワンコの仮装について調べてみました。

そういうワルノリと言えば、やっぱりアメリカです。

2. スターウォーズ編

  • ダースベーダー

ありましたねえ。ダースベーダー。パグがベーダーというのもなんとなく説得力があるといいますか(笑)

犬のハロウィンコスチューム

  • レイヤ姫

かつらがレイヤ姫ですね。犬は雑種でしょうか? じーっくりと見るとレイヤ姫に見えてくるのです。

犬のハロウィンコスチューム

  • バンサ&タスケン・レイダー

いいですねえ。

犬のハロウィンコスチューム

  • AT-ATウォーカー

スターウォーズ編の嚆矢はコレです。「AT-ATウォーカー」。

調べてみると「帝国地上軍が使用した4脚歩行のトランスポートおよび戦闘ビークル。その全高20メートルを超え、耐ブラスター装甲プレートを装備する。AT-ATの巨大さは地上戦において戦術的な優位だけでなく、敵に対する心理的な効果においてもうまく利用された」とあります。

中の人のボルゾイはもうピッタリ。バッチリです。AT-ATウォーカーの仮装をするために生まれてきたような・・・

3. ジュラシック・ワールド編

  • Tレックス

最初の「ジュラシックパーク」から主役であり続けるTレックス。

さながらゴジラのように、最近では「悪い恐竜(?)」をやっつけますよね。

犬のハロウィンコスチューム

  • トリケラトプス

トリケラトプスは3つの角が特徴のすごく人気のある恐竜なんですよ。

かぶったのはフレンチブルでしょうか? ヤル気になってますよね。

犬のハロウィンコスチューム

  • ステゴザウルス

子供の時は「捨て子」なんだと思ってました(笑)。

背骨に沿って17個の骨板、そしてトゲがついた尾があって一見怖そうに見えますが、これらは主に身を守るために使われていたそうで、普段はおとなしい草食恐竜だったそうですよ。

犬のハロウィンコスチューム

4. その他 怖いやつ

  • さそり

なんとなく迷惑そーな顔の中の犬が笑えますよね。

犬のハロウィンコスチューム

  • タランチュラ

えー、中の犬、タランチュラ化してヤル気になってます。危ないですね。

犬のハロウィンコスチューム

  • ジョーズ

最近またジョーズというかサメ映画(おバカサメ映画)注目されてますからね。

サメは400年生きるというし、ある意味おめでたい験担ぎとして良いかもしれません。

犬のハロウィンコスチューム

※出展(すべて) https://www.halloweencostumes.com/pet-costumes.html

こんなコスチューム欲しい! そう思われた方も多いかもしれませんね。

愛犬の犬種や特徴に合わせて購入されてはいかがでしょうか。

日本のアマゾンにもいくつか犬用ハロウィンコスチュームはあるのですが、「かわいい」方向なんですよね。この辺は国民性なのでしょうか、インパクトが足りません。

がんばれ! コスチューム業界の人! そして中の犬!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です