秋の訪れには小沢健二カバーズで犬散歩

1. 秋には「ほどよくポップ」な小沢健二を

合わせて読みたい

大騒ぎの夏が終わって、もう秋ですねえ。

雨ばかりで憂鬱になりますが、ここはひとつ、真夏でもなく、真冬でもない時期に「ほどよくポップ」な小沢健二でも聞いてみませんか。

小沢健二は1990年代に小山田圭吾とのバンド「フリッパーズギター」でデビューし、解散後はソロとして活動、「渋谷系の王子様」の異名で絶大な人気を誇りましたね。

その後1998年、シングル「春にして君を想う」をリリース後しばらく活動を休止。

以来20年間、大まかに言えば音沙汰なしで、メディアにはあまり登場してきませんでした。

でも、この2年間くらいですかね? 

やたらに小沢健二のカバーやらがドラマやアニメのテーマになることが目立ってきて、私も思い出していたところでした

そこに昨年(2017年)2月、19年ぶりにCDシングル「流動体について」をリリース、本格的に活動を再開したようです。

このあと、夏にフジロックフェスティバルに出演、さらに9月にはSEKAI NO OWARIとのコラボシングル「フクロウの声が聞こえる」をリリースしました。

王子様も50歳ですから、若い人がビビっと来ることはないのかもしれませんが、特徴のある曲調は健在です。

健在といえば、失礼ながら、相変わらず歌はうまいとは言えません。

Tシャツバナー

まあ、味があると思って聞けば良いのですけどね。

若い時よりは聴きやすくなったかもしれません。

2. Applemusic 小沢健二のカバー

小沢健二のカバーがオススメなのは本人よりも歌が本人より上手いことです。「ああ、こんな曲だったんだな」と理解することができます。

Applemusicで小沢健二のカバーを探してみました。

たなかりかの「流星ビバップ」や安藤裕子の「ぼくらが旅に出る理由」は聞き応えがあります。

その二人のカバーアルバムもとても良いので、そちらも必聴ですよ。

 

  • 流れ星ビバップ

たなかりか

  • 今夜はブギー・バック

加藤ミリヤ

  • ぼくらが旅に出る理由

フジファブリック

  • ドアをノックするのは誰だ?

N.U.K

  • ラブリー

大橋トリオ

  • 強い気持ち・強い愛

でんぱ組.inc

  • ぼくらが旅に出る理由

安藤優子

  • ラブリー

倖田來未

8曲47分

※Applemusicでプレイリストをシェアしています。Applemusicの検索で「子犬の記念日」と入力してください。

3. より広く、カジュアルになった世界を生きる

「痛快ウキウキ通り」がないことが残念なのですが、ここにカバーされたタイトルは確実に「1990年代のヒット曲」を超えてスタンダード化しているものだと思います。

1990年代というと「バブル」を代表しているのか? と思われてしまいますが、そうではなくて、1990年代の都会の若者のあり方、気持ちを伝えています。

上手く言えませんが、「それ以前よりもより広く、カジュアルになってきている世界のなかで生きていく」という感覚がひしひし伝わってきます。

この点で、わたしは小沢健二が好きなんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です