グランベリーパーク 犬連れペット連れは駐車場C レストランはWired Kitchen! 南町田

2020年の東京オリンピックに向けて、ホテルやショップがどんどんオープンしてます。アウトレットでも一昨年休業に入った南町田の「グランベリーモール」も11月13日に「グランベリーパーク」として再オープンしました!
グランベリーといえば、犬連れで楽しめるモールでしたが、新しいグランベリーパークも楽しめるのか? 早速行ってきました。

1. 駐車場は犬同伴OKのエレベーター近くのを選ぼう 駐車場Cです

マップ

犬と一緒にグランベリーパークにクルマで行くなら、上の図にある駐車場が良いですよ。駐車場Cです。
なぜならこの駐車場のみ、近くのエレベーターが犬OKだからなんです。
犬連れでもストレスなくパークに入ることができます。

ところが駐車場Cがわかりにくい。

駐車場の看板

外側に立っている看板のCの文字が小さすぎるため、自信を持って入っていけないんですね。

地図に入り口を示します。2箇所あるようです。

 

料金

★平日 はじめの2時間無料★

★休日 はじめの1時間無料★

以降 30分250円

所在地 東京都町田市鶴間3丁目4-1他

収容台数 2027台

営業時間 8:00~24:00

対応車種 普通車 ハイルーフ

車輌制限 車両全長 5.2m以下

車両全幅   2.0m以下

車両全高  2.1m以下

PASMO 使用不可

犬OKのエレベーター入り口

そして左側奥にある犬OKのエレベーターで下におります。

エレベーターからの通路

エレベーターを降りるとちょっとした通路。

出口

モール側の出口。

ABCの横に出口がある

ABCスポーツの横に出るのです。

全体の印象は、モール全体に隙がなくなり、建物がみっちり立っている感じがしますね。建物が全体的に2階建化されて容積率がアップ。見渡す限りショップになったのがそういうイメージを持たせるのかも。
10時をちょっとすぎたくらいだったんですが、すでに人気のレストランには行列ができ始めていました。レストランもずいぶん増えたんですよね。

2. 一階部分の店舗外はリード、店舗内はショップ店頭の表示を確認

タイル

地面を見ると滑り止めの入ったタイルで敷き詰められていて、犬が滑らずに歩けそう。滑ると腰にきますからね。
一階部分は少しベンチなどが少ないかなーというイメージ。
犬と一緒に食事するためには大切ですからね。
レストランはそれぞれテイクアウトのメニューを充実させていて、ベンチや隣接の鶴間公園で食べられるように工夫されているそうです。

グランベリー 二階からの眺め

Tシャツバナー

スターバックス
スタバは大きくなりましたかね。その横にはテラス席が確保されていました。
一階部分は道も広く、犬と一緒に散歩することも十分配慮されていると感じます。各店舗ごとに犬の同伴がOKかどうかピクトが貼ってありますから、犬はダメなのか、バッグに入れればOKなのか、しっかり読み取ってルールを守ってくださいね。

犬はバッグにいれてのピクト

一階部分のショップは、ラルフローレンやマッキントッシュフィロソフィ、ラコステなどこれまでのグランベリーに入っていなかったブランドが嬉しいですね。今まではラルフローレンのために御殿場や入間に行かなくちゃいけなかったのですが、その必要はなくなりましたね。
ラルフの店舗に入ってみると、間口は小さいのですが、入間アウトレットくらいの広さがありました。不足はない感じです。

ラルフローレン 店舗

3. 2階はリードNG 愛犬はカートで顔出ししない体勢で

ビナウォーク に行ったときに感じたんですが、ひさしつきの回廊は雨の日に犬の散歩ができない、なんて状況でとても重宝します。
グランベリーの2階部分もずーっとひさしがついているので、雨や夏の暑さなどに対応できそうですね。ただし、2F通路はリードでの同伴はNG。顔がでないバッグ・カートのみ同伴OKなんですよね。

2階部分だけでも相当な店舗数です。全体として以前の100店舗から241店舗と、2倍以上になっているそうです。

4. ペット施設はアウトドアと一緒に奥にまとまっています

モンベル店舗

クライミング施設

カヤック 池

さらに奥に進んでいくと、日本最大の広さの「モンベル」があります。
フリークライミングスポットが目立つのですぐわかります。
カヤック体験用の池も備えていて、早速子供がヘルメットをつけていました。

 

ジョーカー店舗

そこを左に曲がっていくと、奥に「JOKER」が復活。たまプラーザ東急で営業されていましたが、どうもたまプラーザ東急側って犬連れのイメージがなくて、精彩がなかったですよね。
やっぱりこういった広々したところのほうが合っていると思います。

グランベリーにあった以前の店舗はすこし圧縮陳列みたいなイメージがあり、高級感的にはどうなの?と思っていましたが、今回は広々。逆に閑散と見えちゃうかもしれません。
ところで「JOKER」ではノーフォークテリア は扱いをやめてしまったと聞きます。たしかにノーフォークの子犬はいませんでした。

犬 トイレ

犬のトイレ

「JOKER」の裏手にはペット用のトイレ設備があります。
●おしっこを流せるトイレ 
●専用のウンチボックス 
●足洗い用のシャワー
犬を意識しているモールであることが分かりますね。パーク内にはここを含めて3箇所のペット用トイレがあります。

【設置場所】
グランベリープラザ東側、グリーンリビング西側、ドッグ&キャットジョーカー前

5.「Wired Kitchen」は店内犬連れOK

「JOKER」を出ると「Wired Kitchen」があります。以前にもありましたよね。

犬と一緒に店内もOKなので、犬を連れた奥様がたが列をなしています。

店内に、犬と一緒に食事できるエリアも併設。犬用のおやつも充実で、さらに充実した時間を過ごせそうです。

 

ワイアードキッチンメニュー

ワイアードキッチンメニュー

ワイアードキッチンメニュー

wired kitchen 犬OK席

wired kitchen 店内

※出典 https://www.cafecompany.co.jp/news/2019/11/wiredkitchen-minamimachida-new-open.html

6. 南町田グランベリーパーク横の鶴間公園も犬連れには嬉しい

鶴間公園

鶴間公園

鶴間公園

 

鶴間公園マップ

以前から周辺に公園はあったものの、モールとは切り離されていたんですよね。
道一本隔てると、なかなか行かないものです。
今回は公園とパークがツライチで繋がっています。これは犬連れにとって使い勝手いいですね。
レストランも当分行列が続きそうなんで、ファストフードをテイクアウトして公園で食べるほうが、今はいいかもしれないですね。
実際、すでに訪れたた友人も子連れだったのでそうしたと言ってました。

「鶴間公園」には、ドッグラン こそないのですが、芝生が広がる「さわやか広場」、遊具を配置した遊び場がある「にぎわい広場」、さまざまなイベントが開催される「水道みち」など、様々な使い方に対応できるレイアウトになっています。

7. スヌーピーミュージアムも六本木から南町田へ

スヌーピーミュージアム

スヌーピーミュージアムは12月14日オープンなんです。
あれー? って感じですね。
一緒にオープンした方が話題になったのに。いろんな事情があるんでしょう。
ピーナッツカフェはオープンしていますよ。

スヌーピーカフェ

この辺だとマリンアンドウォークにありますね。そしてその正面にあるのが「羊のショーン」のカフェ。

大阪や吉祥寺にすでにオープンしているそうですが、知らなかったなあ。

牧場主が出かけている隙にこっそりパーティをする、というコンセプトでショーンの世界を堪能できるようです。
お子さんがショーン好きなら楽しめそうですね。

テラス席があるので犬連れOKですね。

ひつじのショーンカフェ

8. 犬のお店をまとめると

DOG&CAT JOKER

総合ペットショップ。用品のショップとペットショップ。動物病院が入っています。

PET PARADISE

犬・猫用品 ファッション

AS KNOW AS outlet

ファッション

D.A.R. ディアラ

ディアラ 店舗

元町にもありますよね。(横須賀や葉山、名古屋にもあります)

犬本来の食事を追求して、馬肉の生食を提供するということです。

サイトには

「健康的に犬たちが暮らすために必要なこと。その中でもとりわけ重要なのは毎日の食べ物ではないでしょうか。犬たちにとって最も健康的な食事とは何か、それを追い求めることから私たちの歩みは始まりました。進化の歴史、食性や生理などさまざまな観点から食事の在り方を見つめていくと、「犬本来の食事」が大切であることに気付きました。それは生の肉を食することです。肉だけではありません。内臓を食し、生の骨を食し、筋も皮もすべて食すること、動物全体を食することこそが「本来の食事」だと。

この気づきをもとにディアラはスタートしました。生の食事をできるだけたくさんの犬たちに届けたい。この想いが私たちの原動力です。「犬本来の食事」を追及し、ドライ化されたドッグフードではなく、ローフードである馬肉ジャーキーを提案する専門店です。」

とあります。

※出典 RAWFOOD PRO Diara https://diara.co.jp/main.html

WIRED KITCHEN

店内犬同伴OKのレストラン

その他にもテラス席は犬OKのお店が多く、犬連れでショッピングや散歩を楽しめますね。

8. 犬連れで楽しめるアウトレットが南町田に帰ってきました!

当分土日は大混雑でしょうね。実際入場制限がかかっています。
平日はそうでもない感じでしたから、クルマでいくなら平日です。
建物が多くなり、以前はそこここにあった土の部分が全く見えなくなって、犬にはどうかな?と初めは思いました。
ですが、公園を併設することで犬連れ客にも使いやすい、行ってみたいモールだというイメージはキープしていると思います。

そこのところは東急側も意識していて、犬と一緒に楽しむための情報も提供していますね。

グランベリーパーク
サイト https://gbp.minamimachida-grandberrypark.com
住所 〒194-8589 東京都町田市鶴間3-4-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です