光る首輪で、夜の犬散歩を安全にしたい!LaRoo

夜の犬散歩

だんだん日が暮れてくるのが早くなってきました。
夏場なら午後の7時くらいまで明るかったのに、11月になると、5時にはすでにくらい感じですね。日の入りが4時半くらいですからねー。
そうなってくると、困るのが犬の散歩です。
いえ、犬の散歩自体は困らないのですが、暗い夜に散歩をしなければならなくなると、クルマや自転車から犬が見えないことが困ります。
危ないですからね。

とくに小型犬の場合はただでさえクルマなどからは見えにくいです。
ヒトは認識してもその周りにいる犬はわからなかった、という状況はよくありそうです。

1. 夜に光るものを探す

ちょうどノーフォークの首輪とリードがずいぶんくたびれてきたので、新しいものを買いに行ったついでに、夜の散歩で犬が目立つようなものを探したのですが、ペンダント型のアクセサリーしかありませんでした。

ペンダント型のアクセサリーは光っても小さすぎるし、光る位置も低すぎるのでいまひとつだなーと思ってました。

いっそリードそのものが光ればいいのに と思ってアマゾンを検索すると、あるんですねえ。いいじゃーん、と思いましたが、コメントを見ると、「やたらに太くて、小型犬には合わない」とのこと。

うーん、と思いとどまっていました。

そんな中、駅前を歩いていた時に、首輪全体がちかちか光っている犬がいたんですよ。
ほら、ディズニーランドの屋台でよく売っているような感じで。

これなかなかいいジャーンと思い、アマゾンで検索、ありました! LaRoo です。

2. 光る首輪 発見!

キャラクターバナー

光る首輪
で、手元に届きましたー。

この商品の良いところは、まずカンタンにカットできて飼い犬のサイズに合わせられること。
また、USBから充電できることです。

USBから充電できる

とくに充電はいいですね! ディズニーで売っているものは、使い捨て? じゃなかったかな? 折ると発光したように記憶してますが、犬用に使い捨ては困るな、と思っていました。

まず犬の首まわりに合わせてみてカットする部分を決めます。

ハサミで切る

カットしない状態だと、犬の口の前に垂れ下がってしまい、気になって噛んでしまいました。
リードをつなぐ首輪ではないので、ジャストサイズである必要はないと思って、輪を閉じたまま、頭がくぐる、でもカンタンにはすっぽ抜けない大きさでカットしました。
それから、安さから言って、毎回開けたり閉じたりしてたらすぐダメになりそうな気がしたので、閉じたまま使える位置としました。
その条件では、「ハサミマーク」のシールが貼ってある位置がぴったり。
今回はそこでカットしています。

少し迷うのは、外側のビニールだけではなく、中の電線を切るほど短くしてもいいのかどうか。

アマゾンのコメントでは電線を切っても問題ないと書き込みもありましたが、怖いので回路は切りませんでした。
「ハサミマーク」はちょうど電線が終わっている部分にあたり、びびったのでそこにした(笑 というのも正直なところです。
コメントでも、「短くしたが、電線は切らずに残りのチューブに余った部分を押し込んだ」という人もいて「切ってもいいの? いけないの?」が判然としません。

で、閉じるためのプラスチックのプラグを、切り取ったチューブから移して出来上がりです。
プラグをチューブに再挿入するのが結構大変です。気をつけて行ってください。

こんな感じに光ります。
はじめは嫌がっていましたが、何回か頭を通すとなれたようですね。嫌がらなくなりました。

光る

うちのノーフォークにつけたらこんなカンジ。よく目立ってますね。

光る首輪をつけた犬

3. 果たして耐久性は?

次に心配なのが耐久性です。なんてったって中華製の約千円ですからね。

ワイアレスイヤホンで嫌な思いをしてますから、心配です。
コメントにも数回の使用で光らなくなったという書き込みがあるんですよねー。多分1回目の充電がヤマかと(笑

ここはまた報告しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です