南佳孝カバーズで秋の犬散歩を乗り切る!

合わせて読みたい

1. 大御所続々参加のApplemusic

Applemusicに大御所が参加する秋ですねえ。

Mr.Childrenが参加して「おお!」と思っていたら、井上陽水が参加して、ついに先日,松任谷由実が解禁に!

すると、この「カバーズ」シリーズになんの意味があるのか? とも思えて来ましたが、別の人が歌ってくれるのもいいですよー。いや、ホント。

いつも聞いている曲が新鮮に聞こえます。犬の散歩にも力が入るってものです。

今回は2018年9月26日に7年ぶりとなる待望のオリジナルアルバム「Dear My Generation」をリリースした、「南佳孝」カバーズです。南佳孝、覚えているでしょうか? 御年68。東京都大田区出身のシティーボーイですね。「オールド」シティーボーイかな?

「スローなブギにしてくれ」など、もうタイトルから(タイトルは片岡義男ですが)大好きなんですよね。

大ヒットしたのは「モンロー・ウォーク」ですかね。

もっとも一般的には郷ひろみの「セクシー・ユー」で知られていますね。

「セクシー・ユー」・・・「モンロー・ウォーク」のほうがタイトルはいいと思うけどなあ。

都会的なセンスと声がほんといいですよね。

最近はジャズ・ボサノヴァ・ラテン的な楽曲が多くなってきました。それもいいですよ。ちょっと声が「がなり」になってきましたけどねー。

2. Applemusicにおける南佳孝カバーズ

超売れた曲はあまりないので、カバーもそれほど出てないなあと思っていたんですが、実は楽曲提供がたくさんあって、それらはアルバムとしても「Alma(魂)〜南佳孝作品集」としてまとまっています。

南佳孝はApplemusicに参加していますが、このアルバムはないんですよね。

その収録曲をApplemusicでちくちく検索して見つかったものを加えてます。

● モンロー・ウォーク(作詞:来生えつこ)

PUSHIM

● スローなブギにしてくれ(作詞:松本隆)

Tシャツバナー

斉藤和義

● メイン・テーマ

薬師丸ひろ子

● モッキンバード(作詞:松本隆)

松田聖子

● 永遠に不滅のMr.Baseball

小林克也&ザ・ナンバーワン・バンド

● まるでこわれたJUKEBOX(作詞:秋元康)

中村雅俊

● つぶやきの音符

薬師丸ひろ子

● 電話でデート(作詞:松本隆)

松田聖子

● 心離れるころ(作詞:大津あきら)

ハイ・ファイ・セット

● ポップアート(作詞:加藤丈史)

かせきさいだぁ

● ミッドナイト・ラブ・コール

田中裕梨

● ソバカスのある少女(作詞:松本隆 作曲:鈴木茂)

矢野顕子+TIN PAN

● ソバカスのある少女

坂上香織

● ソバカスのある少女

ティン・パン・アレー

14曲53分

※Applemusicでプレイリストをシェアしています。Applemusicの検索で「子犬の記念日」と入力してください。

 

3. 本人のアルバムもおすすめです(そりゃそうだ)

「ソバカスのある少女」はティン・パン・アレーの曲を南佳孝がカバーしているわけですが、大好きなので入れてしまいました。

「ポップアート」はほぼ本人が歌ってますが、ま、「かせきさいだぁ」名義ってことなので。

「SCOTCH AND RAIN」「夏服を着た女たち」「コンポジション・1」「天文台」「涙のステラ」「憧れのラジオガール」などお気に入りがほとんど歌われてなくて残念。

もちろん、Applemusicで本人のものが聞けますから、そちらをぜひ聞いてください。アルバムとしては「SEVENTH AVENUE SOUTH」「MONTAGE」「SILKSCREEN」あたりが真骨頂を味わえると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です