子犬のストレス 解消すべき5つのポイント そしてうちに連れてこよう!

トイプードル

1. 飼い方の確認する

Modified on: Jul 28, 2019

子犬を迎える準備の一番目は、しつけのしかたが家族によって違わないように事前に話し合うことです。

人によってしつけの考え方が違うと犬は混乱します。また子犬の時と成犬になった時もしつけのルールは統一した方が良いでしょう。

ドッグタグ バナー

2. 部屋の準備する

犬がまごつかないようにクレートやサークルは一度設置したら動かさないことが大事です。

適切な位置にクレートやサークルを設置しましょう。

次に犬が行ける部屋のチェックをしてください。

好奇心旺盛な子犬はあらゆるものをかじると考えた方が良いです。

電線やソケットは抜いておいたり、飲み込んだら危険なタバコ、針などに気をつけましょう。

噛みちぎったプラグ

※かじりとられたプラグ

3. どうやって犬を連れてくるか

まず、移動中に子犬が吐かないように朝食を抜いてもらうようペットショップやブリーダーにお願いしてください。

車で連れてくる場合、事前に車に慣らす準備をすると良いですね。

子犬は必ず吐くので、クレートのなかに古い衣服や布などを用意しておきましょう。注意したいのは子犬が吐いても決して叱らないことです。

大騒ぎをしてもいけません。少なくとも2時間ごとに休憩を取るなどして様子を確認してください。

できれば午前中に連れてきてください。

ポートレイトバナー

母犬や兄弟犬から引き離された子犬は大きな不安を感じています。

日中から夜へ徐々に移行できるようにして新しい環境に慣らしてください。

次の日くらいは子犬と一緒に過ごせるように休日であるとか、仕事の休みを取れるとよいですね。

4. 新しい家に慣れさせる

子犬が家に来たらまずトイレに連れて行きます。

うまく排泄できたら思い切り褒めてあげましょう。

そのあとで飼い主が先頭に立ってケージまで案内してやります。

こうすることで子犬は飼い主を「信頼できるリーダー」として認識し始めることになります。

知らない人、知らない家、知らない臭いに子犬はとてもストレスを感じています。

CTAタグ 赤

それに加えて車や電車の移動で疲れてもいますよね。

ケージの中に子犬を入れたら、1日~3日はなるべく休ませてあげてください。

環境に慣れたら一緒におもいきり遊んであげましょう。

しかし子犬の体はまだまだ未熟です。骨折や脱臼のに注意しなければいけません。

高いところからの落下や、強い衝突、転倒など、激しい運動は避けるようにしてください。

名付ける前にぜひ読みたい!

うつ病の犬

5. 子犬のストレスポイント5

環境が変わることで子犬にストレスがかかると低血糖症を引き起こすことがあります。

低血糖症は血糖値が下がってしまうことで、最悪、命にも関わる病気です。

子犬の様子を見て、元気がない、食欲が急になくなった下痢や嘔吐がある、などの場合は低血糖症かもしれません。

動物病院で診察してもらいましょう。

 

まずは環境が変わることが最大のストレスになりますが、その後にも子犬にとってストレスになりそうなことはあります。

事前にその原因を取り除けるなら、そのほうがいいですね。

1 食事と水は十分ですか

当たり前ですが、適切な食事と水があることは一番の基本ですよね。でも食事の量は、少なすぎてもいけないし、逆に多すぎてもいけません。質に関しては、子犬に何が必要かを理解して最適なフードを用意してあげましょう。

水は十分にあること、ホコリ等がたまらないように適宜変えて新鮮さを保ってください。

2 室温は子犬に優しいですか

子犬がいつもいる部屋が、寒すぎたり暑すぎたりしないように気を配ってください。子犬は体温調節機能もまだまだ未発達ですからです。

冬は子犬が低体温症にかからないように、夏には熱中症に注意しましょう。

犬を屋外で飼っている場合は、必要なら室内飼いに切り替えましょう。

3 子犬の健康チェックを怠りなく

子犬がやってきて落ち着いたところで、体を触って体重・耳・目・口・鼻・手足・しっぽの様子などを確認しましょう。怪我がないか、具合が悪そうにしてないかなど、飼い主さんが気づいてあげてください。

4 目に見えるとストレスに感じるもの

例えば、キラキラと光る物、ひらひらと動く布、明るすぎる場所などが子犬にとってストレスになることがあります。もしある場合は、ケージに毛布をかけるなどして視界を遮ってあげることも有効です。

5 聞こえるとストレスに感じるもの

金属がぶつかる音、甲高い音、空気が抜けるときのシューという音、アップテンポで大音響の音楽などにも怖がる傾向がありますので、こういった音が子犬の耳に入らないようにしてください。

6.さあ、あなたの子犬がやってきました!

あんなに待ち望んだ子犬がついにあなたのもとにやってきましたね。

これからは素敵な毎日が続いていきます。

子犬にストレスがかからないように気を配ってあげてくださいね。

CTAタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です