ハンマーヘッド ペットは11時から2階テラスのみOK! みなとみらい シャレオツ犬散歩

1. ハンマーヘッドとは

2019年の秋にオープンした「横浜ハンマーヘッドもう行ってみましたか?

コロナで外出もままなりませんが、たまには気分転換しないとね。

ハンマーヘッドとは変わった名前ですよね。思い浮かぶのは「ハンマーヘッドシャーク」つまりシュモクザメでしたが、まったく関係ありませんでした(笑

由来になったハンマーヘッドとは1914年に日本で初めて導入された湾港荷役専用クレーンのことです。イギリスのコ―ワンス・シェルドン社製で、その形が「金槌」に似ていた事から「ハンマーヘッドクレーン」と呼ばれていたそうです。

関東大震災でも損傷することなく、高い作業効率で貢献しましたが、1970年代にその役割を終えましたが、今でも新港ふ頭のシンボルとして残され、2018年には、貴重な歴史的遺構として土木遺産に登録されましたんですね。

駐車場から出たところの海

※横浜ハンマーヘッドオープン前の「ハンマーヘッド」をマリンアンドウォークから見る。

合わせて読みたい

2. ハンマーヘッドに犬連れするには

横浜ハンマーヘッドは“食”をテーマにした商業施設ですが、1Fは新港ふ頭の旅客ターミナル、3F以上は「インターコンチネンタル横浜Pier 8」というホテルなんですよね。

「THE FACTORY」というコンセプトで、でき立て、作りたてをテーマにさまざまなお店が入っています。

ハンマーヘッドを犬連れで利用するには、以下のルールがあります。

  • 館内の利用はペットについては、ペットの顔が出ないカートやキャリーバッグを使用して入館可能。ただし、店舗内はNG
  • リードをつければ、外階段を使い、2Fのテラス席は「ペットOK」の店舗がある。

 

〔テラス席に限りペット同伴可能な店舗〕

1・2F キーズパシフィックグリル

1F    スターバックス コーヒー

2F      アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ横浜

2F     ・500kcal・ トリュフ ファーム

2F      Dining Bar XLV Bayside Motion

2F      コロニアルビーチ

2F   鎌倉紅谷 Kurumicco Factory

テラス席は目の前がぐるりと港になっていて、散歩するだけでも気分が上がります。ぜひ犬連れで行ってみてください。

ハンマーヘッド テラス席マップ

3. ハンマーヘッドへのアクセス

電車

みなとみらい線

馬車道駅 徒歩10分 / みなとみらい駅 徒歩12分

Tシャツバナー

JR線

桜木町駅 徒歩15分

バス

3路線のバスでハンマーヘッドまでのアクセスが便利です

運賃:220円

横浜市営バス「ピアライン」

横浜市営バス「あかいくつ」

横浜市営バス「ベイサイドブルー」

クルマ

ご利用時間

24時間

駐車料金

平日 30分280円

休日 30分330円 ※最大料金はございません

総収容台数

(第1駐車場~第3駐車場)

350台

※第1駐車場:電気自動車充電スタンド1機

※着船時・イベント時は駐車台数・営業時間を変更させていただく場合がございます。

駐車券サービス

サービス内容

1店舗で3,000円(税込)以上のご利用で1時間まで無料

1店舗で5,000円(税込)以上のご利用で2時間まで無料

他店舗同士のレシート合算は不可。

4. ハンマーヘッドのショップ、レストラン

地元由来のお店がいくつかあります。

鎌倉紅谷

紅谷

※写真https://beniya-ajisai.co.jp/kf/より

鎌倉紅谷では、人気菓子のクルミッ子をカットした端っこ「ミミ」の部分を中心にカップに入れて「クルミミカップ」としていただくことができます。クルミッ子の耳の部分はこれまで鎌倉の工場併設店舗でしか買えないと思いましたが、ハンマーヘッドで買えるようになったんですね。クルミッ子の切れ端がたっぷり入って500円です。

有明ハーバースタジオ

有明ハーバースタジオ

※写真https://harbour-world.jp/shops/dire_shop23より

パッケージに好みのポーズで撮影・メッセージを入力して、自分の写真付き「myハーバー」を作ることができます。また、店内の厨房で焼き上げた「焼きたてハーバー」を食べることもできるんです。

「THE FACTORY」というハンマーヘッドのコンセプトに合わせて工場(厨房)があるからこそできるエンターティンメントが提供されていますね。

5. ハンマーヘッドの周りの施設

新港ふ頭

新港ふ頭も歴史が古く、1932年にはハリウッドの大スター、ダグラス・フェアバンクスと女優のメアリー・ピッグフォード、1934年には「野球の神様」ベーブ・ルースたちアメリカ大リーグ選手団が来日したそうです。

客船用の桟橋としては「大桟橋」がありますが、横浜に寄稿する客船は数多く、大桟橋単独では対応に限界があるとして整備が進められたんですね。

ハンマーヘッドデッキ

「横浜ハンマーヘッド」の2階のテラス席から、ハンマーヘッドが設置されているところまでのデッキを「ハンマーヘッドデッキ」と言います。

長さ48m、幅6mのデッキからは東側に横浜海上防災基地、西側に横浜ランドマークタワーなどが望めます。

ハンマーヘッドパーク

「パーク」と言ってもハンマーヘッド以外は別に何もないのですが(笑

ハンマーヘッドを中心にした3000㎡の公園です。ウッドデッキの階段があり、海や船を見ながら犬といっしょに一休みしたり、ハンマーヘッドからテイクアウトしてきてランチするなんて使い方ができそうです。

マリン&ウォーク

ハンマーヘッドの隣にあるマリン&ウォークは横浜みなとみらい・新港エリアの新たなシンボルとして2016年にオープンしました。個性的なショップ、ベイフロントの景観を生かしたテラス席が自慢のレストランやカフなどが揃うオープンモールですね。オープン施設なので犬連れも大丈夫ですが、駐車場からのエレベーターなど、犬連れでは使えないものもあります。詳しくはhttps://koinunokinenbi.yokohama/2019/01/26/marinwalk/を参照してください。

横浜赤レンガ倉庫

赤煉瓦 フラワーフェス

フラワーフェス ノーフォーク

赤煉瓦 フラワーフェス

赤煉瓦 フラワーフェス

https://koinunokinenbi.yokohama/2020/11/03/opening-road/

赤レンガ、マリンアンドウォーク、ハンマーヘッドは隣接しているので全部回る人が大半だと思います。

赤レンガ倉庫ではこの日は花のイベントでとても綺麗でした。

赤レンガは人気スポットなのでイベントも週替わり。https://www.yokohama-akarenga.jp/event/を参考にされるとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です