犬の散歩中の買い物はNG 万が一のために持つべき財布は?ストラス マネークリップ 使い方

犬の散歩中に買い物をしちゃうことありますか? 

リードで店の前につながれ、見知らぬ人にほえたりしている光景をよく見ますよね。

いろいろな危険がありますから、これは避けたほうがいいですね。

ちょっと考えるだけでも、他人にケガをさせてしまったり、逃げ出してしまったり、はたまた誘拐されるかもしれませんから。

では買い物をしないから、犬の散歩に財布を持っていかないのか? というとそれはそれで心許ないといいますか、何かあったときに財布がないのは不安がありますね。

もちろん、今はスマホやapple watchなどで代金を払うこともできますが、それでも財布を持っていく方も多いのではないでしょうか。

使わないのに、フルサイズの財布を持っていくのもなー、となにか解決方法がないかと考えていたのですが、「マネークリップ」くらいの小さなものをお尻のポケットに入れておけば良いのでは?と結論しました。

STORUS( ストラス ) スマートマネークリップ

今回試してみたのはまずマネークリップです。いろいろなものがありますけど、「これはかっこいい!」と思ったのがSTORUS( ストラス ) スマートマネークリップでした。アマゾンで見ると5000円くらい。手ごろな値段です。

サイト(http://www.storus.jp)を見てみるとなんとインフルエンサープログラムの募集がありまして、早速参加させていただきました。

ご担当と打ち合わせさせていただき、お金のものだから「ゴールド」、そこにサイトの名前「子犬の記念日」を名入れしていただきました。

名入れのサービスはアマゾンでは行っておらず、楽天のお店で可能だそうです。また、今回特別に日本語の名入れをしていただきましたが、本来はアルファベットしか使えません。筆記体とブロック体で名前を入れるということになります。ご無理言って申し訳ありませんでした!

以下のサイトで販売中です!

①楽天市場(名入れ対応)限定カラー https://item.rakuten.co.jp/windasia/valentaine/

②楽天市場(名入れ対応)シルバー https://item.rakuten.co.jp/windasia/smart_02_silver/

③amazon(名入れ対応不可)  https://www.amazon.co.jp/dp/B002NO7Z0Y

1. STORUS( ストラス ) スマートマネークリップが届く

マネークリップの箱

さっそくSTORUS( ストラス ) スマートマネークリップが届きました。高級感のある包装を解いていくとなんと1000000ドル札が! もちろん、これはシャレなんですが、うーん、いいなあ。100万ドルを挟んで「子犬の記念日」の名前があって、なんだか100万ドル稼げそうな気が・・・(笑。

マネークリップ 印字部分

ゴールドがいい感じじゃないですか。これはもちろんメッキで、イオンプレーティングという強度の高い仕様だそうで通常の使い方ではメッキがはがれることはないそうです。

色はこの「ゴールド」以外にも「ピンクゴールド」「シルバー」「グラファイト」「マットブラック」「チタンコーティング」の6色展開のようです。

手に持ったところ

持ってみるとこんな感じ。とっても小さいんですね。もちろん軽いのですが、しっかり感があります。カードをはさむ部分も、入れ始めは余裕がある感じですが、奥のところでしっかりカードを保持してくれます。試してみると5枚入りましたが、たとえ1枚だけ入れていても落ちないと思います。不思議だ。どうなっているんだろう?

これ、資料によると

「カードホルダーの横幅が矢印につれて  微妙に狭まっており、カードの両端を奥で挟み込む形状になっております。いわゆるテーパーの形状です。こちらの仕組みが STORUS が保有する  特殊な技術であり、カードが 1 枚でも落ちない強みでもあります。」だそうです。うまくできてるんですねー。

Tシャツバナー

お札ですが、二つ折りで折り目をクリップに差し込んで使います。30枚収納可能とあるので、1万円なら30万円まで持ち歩けます。

私の使い方ではお札の二つ折りだとクリップの左右にはみ出してしまい、ポケット内でさらに角が折れそうな気がして、三つ折りにして、縦に挟んで使っています。

千円札の場合、表の印鑑の部分を目安に折り込むと大体三つ折りになりますね。

お札を三つ折りで挟んだところ

三つ折りする1000円札

ちょっと手間がかかりますが、これだとピッタリ左右幅に収まり、ポケットの中でも問題が起こりません。

ジーンズのおしりに入れて散歩に行ってみましたが、小さいので全く意識しないですみます。ただ、ベンチなどに座ると、カードがたわむ感触があるので、おしりのポケットではなく、前のポケットがいいですね。こちらでも全く異物感ないです。

ちなみに大きさなどの仕様はこちら

サイズ(約):縦 7.5× 横 5.5× 厚さ 1.5cm

重量(約):30g

材質:stainless steel

最大札 30 枚、カード 1 ~ 5 枚収納可能(カードの厚さにより 1 枚程度誤差あり)

2. STORUS( ストラス ) スマートマネークリップの使い方

マネークリップを使い出して3週間ほど。私の使用パターンが決まってきました。

まず、お出かけパターンでは

 

・財布をボディバッグのメインコンパートメントに

バッグに財布を入れる

・さっと取り出せる外部ポケットにSTORUS( ストラス ) スマートマネークリップをいれる

すぐ取り出しやすいところにマネークリップ

 

買い物やドライブに行く場合、これまで通りボディバッグの一番大きいコンパートメントに財布は入れています。でもほとんど使うことはありません。

外部ポケットのマネークリップに使用頻度の高いカードは入れてあるし、小銭はapple watchで払ってしまうからです。

だったら置いて行ってもいいですよね(笑 財布を持っているのは心理的な問題なのかもしれないですね。

以前財布しか持っていなかったときは財布をカバンから出すのにもたもたして嫌だったんです。いまは車のカギもカバンから出さないじゃないですか。スマートキーなのでカギを身につけていれば、ドアの解錠は車のボディを触るだけ。エンジンかけるのもボタンを押すだけですよね。財布もああなってくれないかなと思っていました。

外部ポケットから必要なものだけすっと取り出せるのは、ちょっとその理想に近づいた気がします。

犬の散歩のときにはマネークリップだけをジーンズのポケットに入れていきます。これは軽快です。まあ、買い物しないので使うことはないですが、しっかり支払い方法やIDカードを携帯している安心感があります。

3. STORUS( ストラス ) スマートマネークリップの良いところをまとめると

・かっこいい

そもそもかっこいいですよね。渋い男の持ち物的なかっこよさがあります

・コスパが良い

色によって値段が違いますが、4980円ですからね。絶対的に安いです。

・どんな洋服でも違和感なし

コンパクトにまとめられ、重量も軽いのでポケットがパンパンになったり、重さのせいで木崩れることはないです。

・しっかりと作られている

ステンレススチールで軽いのに堅牢なイメージが強いです。

というところでしょうか。

STORUS( ストラス ) スマートマネークリップをお勧めしたいのはとにかく財布を軽くしたい人やマネークリップを使ってオシャレアピールをしたい人でしょうか。もちろん、機能性がとても高いので使って便利ですから、一度試してみることをお勧めします。

4. フラグメントケースとの比較

フラグメントケースフラグメントケース 小銭入れ

同時にフラグメントケースも試してみました。

フラグメントケースもいろいろなんですが、私が買ったのはカードと小銭が入れられるタイプ。STORUS( ストラス ) スマートマネークリップほど小さくはないのですが、小銭が入れられるのがいいのじゃないか? と思って使ってみました。

結論はカード部分はマネークリップと同じくカバンなどからサッと出せて良いのですが、問題は小銭入れです。

小銭入れがあると小銭を使う前提になっちゃうんですよね。つまり現金を使い、お釣りをもらい、小銭入れから小銭を出して使うというサイクルが保持されちゃうんです。

これ、どんどん小銭入れがぱんぱんになるパターンですよね。でATMにいって小銭だけ預金するという・・。

やはり小銭は◯◯ペイで払う、千円以上はクレジットで、という生活パターンを作らないと小銭がいつもじゃらじゃらいっている状況を変えられないです。

フラグメントケースが悪いわけじゃないのですが、持っていると小銭に依存してしまうというのが問題点かと。

マネークリップはその点、潔いです。それでもお釣りをもらったりしますが、それはポケットに入れます。

5. まとめ

STORUS( ストラス ) スマートマネークリップを使ってみた感想いかがでしたでしょうか。財布の重さがなくなる分、犬の散歩がもっと楽しく快適になることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です