鎌倉AW KitchinGardenに江ノ電を見に行こう!さまざまなアングルから江ノ電を撮影できる

鎌倉AW KitchinGardenに江ノ電を見に行こう!さまざまなアングルから江ノ電を撮影できる

1. 小町通りでは、犬が踏まれそう

Modified on: Jul 17, 2019

若宮大通りにスマート・フォーフォーを駐車します。
ドライブ中は静かにしているノーフォークも、駐車する前から雰囲気を察して鳴きます。
置いていくな! と鳴くのですが、どうして分かるんでしょうね。

そして哀願するような声で鳴くんですよね。わかったわかった。

リードをつけてクルマから降ろし、八幡宮に向かって歩きます。

天気が良いからか、人出が多いですね。

ご他聞に漏れず外国からの観光客が多いんですよね。

英語、韓国語、中国語。鎌倉ってこんなにインターナショナルだったっけ?

駅前の交差点までは歩いてきたんだけど、これ以上は無理。

小町通りにも行きたかったけれど、無理。なぜなら犬が小さいので踏まれそうだから。そのくらい混んでいる。

2. 御成通りからAW KitchinGarden

AW KitchinGarden全景

踵を返して、海に向かって歩き出す。
小町通りは無理だけど、御成通りなら大丈夫なんじゃない? そう話して右に入る。

鎌倉駅を起点に海側が御成通り、八幡様側が小町通り。

おんなじ通りだけど、小町通りのほうが何倍も人通りが多い気がするのはなぜでしょうね?

今日は浴衣の女性が多いです。
花火でもあるのかな? と聞くと、最近はコスプレとして着物姿で鎌倉や京都を歩くのが流行っているそうなのですね。

それ、誰得なんでしょう? 外国人がコスプレするのはわかるのですが、この暑い中を献身的に着物着て歩いているのですねえ。

一通りお店を覗いたけど、夕食の足しになるものがないですねえ。
じゃあ、しょうがないから帰ろうかと。
のどが渇いたので、2017年2月にオープンしたAW KitchinGardenに入ってみました。
天気が良いのでもちろんテラス席でアイスコーヒーをいただきます、クラフトビールの湘南ビールや、シャンパンなどもあり、クルマで着たことが悔やまれます。
こんな日には冷えたビールが・・・。

AW KitchinGardenは都内で人気らしいのですが、ココ鎌倉店は三浦野菜や地元で取れた魚介などで作った料理も楽しめるそうです。
何も食べなかったんで、次は試してみたいなあ。

合わせて読みたい
● 鎌倉CefeTerrace 樹ガーデンで犬と和む
● 寒い冬にはテラス席はツライから DOG DEPT GARDEN 横浜港の見える丘公園
● 「うしすけ」お台場ビーナスフォート店 で犬散歩 

3. 江ノ電が走るカフェ

AW KitchinGardenに通りかかる江ノ電

この店の呼び物は料理やクラフトビールもありますが、真横を通る「江ノ電」かもしれないですね。

テラスが広いのでさまざまなアングルから江ノ電を撮影できます。今日の江ノ電、通勤列車みたいに混んでました。

鎌倉にも江ノ島にもほぼ100%クルマできてしまうので江ノ電に乗るチャンスがありません。

一度高校生の時に乗ったかな。大学生のときにはクルマでしたしね。
今日の様子を見れば、鎌倉も確実にインバウンドで賑わってます。

江ノ電もマストアイテムでしょうね。海を眺めながら湘南をゆっくり走っていくのは確かに見ものですからねー。

犬用の施設は特に何もありません。リードフックもないし、犬用の水のサービスもない。

でも敷地が広いので他の客に気遣うことなく犬と一緒にいられるのがいいですね。

賑やかな鎌倉で少し疲れたら立ち寄ってください。