DOG DEPT GARDEN 港の見える丘公園なら冬にテラス席を使う必要なし!

dogdept

合わせて読みたい

1. テラス席がツライ季節になってきました

山手西洋館を犬散歩するなら普通なら「えの木てい」のテラスで「チェリーサンド」
ええ、わかります。
定番ですよね。
でも晩秋から冬は寒くて、テラス席、辛くないですか?
さらに「えの木てい」有名すぎちゃって、なんだかテラスに座っているこちらも見世物になってる錯覚に陥ってしまいます。

2. 店内でぬくぬく過ごせるドッグカフェが嬉しい

店内

山手西洋館を犬散歩ルートは多分、「港の見える丘公園」の周りの駐車場に停めて公園を一周りして、外人墓地〜山手カトリック教会で引き返してくる、ってところじゃないでしょうか。
テラスでは寒い、という時期には、犬が室内に入れる「DOG DEPT GARDEN 横浜港の見える丘公園」がいいですね。
ファッションブランドの「DOG DEPT」が運営しているカフェです。
身の回りにあまりなかったので知りませんでしたが、江ノ島や軽井沢、御殿場など16店舗もあるんですねー。

→テラスでもぬくぬくを求めるなら、元町に行ってみよう! 横浜 外人墓地(外国人墓地)〜港の見える丘公園の犬散歩

3. 犬用のメニューも充実!

「DOG DEPT GARDEN 横浜港の見える丘公園」は 元町から港の見える丘公園に登っていく坂の途中にあります。
3階建てのお店で、一階が売店、地下一階がカフェ、二階がアパレルの店舗になっています。テラス席もあります。屋上はなんとドッグランです!

トピアリー入り口テラス席
駐車場はないようなのでご注意ください。
今日は山手西洋館を犬散歩のあとに二階のカフェでお茶をしました。

一つ一つのテーブルはそれぞれ十分にスペースをとってあり、犬がいても喧嘩になる心配がありません。
リードフックがテーブルになくて、壁に取り付けてあります。
飼い主のいるテーブルから離れたところに犬をつなぐことになってしまうので、うちの犬のような分離不安気味なワンコはちょっと騒ぐかもしれませんね。

リードフック

犬用の水はもちろん無料で提供されますし、犬用のメニューも充実です。
ビールもあるため、飼い主はビール、犬はジャーキーなんて楽しみ方もできますね。

犬用メニューメニュー犬用水

スタッフも笑顔で気持ちよく対応してくれます。
オーダーはスタッフが取りに来てくれるのではなく、レジに頼みに行き、そこで前金で払うシステムです。
知らなかったので、ちょっと待ってしまいました(笑)

チョコレートケーキとコーヒーを頼みましたが、コーヒーがとても美味しいですね。しっかり苦いです。

チョコケーキ

4. トイレのお作法に注意!

トイレを借りようと場所を聞くと二階にありますとのこと。
アパレルショップの横です。
これが曲者で、だってトイレの隣で接客しているわけですから、音出せないですよねー。(いや、どこでも不用意な音は出しませんけど)
ここ緊張しました。
どうやら手を洗う場所と、トイレの間のドアだけではなく、手を洗う場所とショップの間にスライドの間仕切りがあり、それを閉めれば気にならないようです。
それ、最初に言ってよ〜…

「DOG DEPT」はドッグカフェだけではなく、軽井沢には「DOG DEPT GARDEN HOTEL」というホテル? ペンション? も運営しています。

パンフレットを見る限り、豪華というよりもカジュアルな快適さを表現しているようです。きっとこのカフェのイメージなのでしょうね。
アパレルだけよりも、いろいろなやりかたで複層的に「DOG DEPT」というブランドの世界観をわかってもらいたいんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です