Airpods(第一世代)を第二世代に買い替え ますます犬散歩に最適!

2年ほど前に購入したAirpods。(詳しくは→AppleWatch4とAirpodsで極楽犬散歩)だんだん右耳のバッテリーが弱ってきました。続けて聞いていると「ぽんぽろりいーん」といういかにも残念な感じの音がして、慌ててiPhoneで確認するとのこり9%とかです。なぜ右耳だけか、というと左耳は一度犬に食べられて買いなおしているからです(笑 詳しくは→AirPods 片耳だけ購入 ワンコにかじられ全損

ケースのほうもバッテリーが弱っているらしく、5回位の充電で随分残り少なくなる状態です。

犬の散歩に毎回付けていきますから必需品なんですよね。他のブランドも考えてみましたが、iPhoneだけではなくiPad、MacなどApple製品で固めていますからAirpodsがやはり便利。これは使ったことがある方は絶対同意だと思います。価格は中華イヤホンですが、本当にすぐ壊れるので却下です。詳しくは→Totemoiのイヤホンは故障するのか?

1. Airpods第二世代か? AirpodsProか?

今買うのならもちろんAirpodsProは気になる存在です。


※詳細は画像をクリック!

しかし、27800円! Airpodsよりも1万円も高い。約30000円は20年前ならウォークマンそのものが買えちゃいましたよね。比べても仕方ないですけれど。いやあ、イヤホン高くなりましたよねえ。AirpodsProが特別高いわけではなくて、同じような仕様であれば逆に安いのではないかな? くらいの感じですからね。

AirpodsとAirpodsProの違いはノイズキャンセラー付きかどうか、防水機能があるかどうか イヤホンの軸にコントロール機能があるかどうか だと思います。

まずノイズキャンセラーは別のイヤホンで以前使っていました。使い始めると周りがシーンと静まり、音楽がきれいに聞こえるわけですが、私、それほど音質にこだわりがないので、別になくてもいいかなと思いました。

防水機能ですが、主にジムや運動で使う場合は汗をかきますから必要です。ええ、私は運動しませんので(笑)耐水性能は9段階中4番目のIPX4で短距離かつ全方向から10分間水をかけても影響がありません。

シャワーを浴びるくらいなら大丈夫そうですが、風呂に入って水没したらだめかも知れませんから使えません。これもいらないかな。

イヤホンの軸にコントローラーの機能がついて「1回タップ〜3回タップ」「長押し」でコマンドを実行できます。

Tシャツバナー

Airpodsでは2回タップで曲の再生/曲のスキップ/電話の応答ができるのみですから随分違いますね。

でも、あんまり使いません。なんでもできることは私にはそれほど必要無いんですね。

ということでAirpods第二世代を購入しました。なんたって10000円安いんです。

2. Airpods第一世代との違い

AIRPODS第二世代

実はAirpods第二世代には2パターンあって、「ワイヤレス充電ケース」が付属したものは22800円、通常のケースは17800円です。ワイヤレス充電ケースを単体で買うと8800円なので、ワイヤレス充電がしたい方ははじめから22800円を買うほうがいいですね。あいにくとそのような設備をもっていないので、普通のやつで。

この仕様だと第一世代との差ってあまりないんですよね。

通話の連続使用時間が伸びていますが、音楽などの再生時間は変わりません。連続再生時間はともかく、電池の寿命を長くしてほしいなあ。

第一世代と第二世代の違いでもっとも大きいのはイヤホンを叩かなくても「Hey Siri」と話せばコマンドが通ることです。犬の散歩で使うときには片手はリード、もう片方はいろいろなグッズを詰めたバッグを持っていますよね。イヤホンをコツンと叩くのが割と面倒なんですよ。リードの手は犬が引っ張るし、バッグは重いし。

Airpods第二世代をつけて音楽をかけながら「Hey Siri」というと、音楽は一段低くなり、Siriが耳を澄ませているのがわかります。とても上品な態勢ですね。一方、バックに音が流れていないときに「Hey Siri」と話しかけると「聞いてますよ」と返してきます。

※詳細は画像をクリック!

3. 犬の散歩中にSiriが便利なこと10!

犬を散歩するときにSiriがあって便利だなと思うことを上げていきましょう。

①「今日の天気は?」

大体朝の散歩では「今日の天気」夕方は「明日の天気」を聞きます。それによって犬の散歩のスケジュールが変わりますもんね。

②「○分後にタイマー」

犬の散歩は決まったコースを歩くなら時間もわかっているのですが、新しいコースの場合、どのくらい歩いているのかわからなくなります。タイマーをかけることで時間の管理ができますね。

③「○○に行きたい」

これも行ったことのない場所でお店などを探して歩き出す場合は重宝します。アップルウォッチをつけていれば曲がる角を振動で教えるなどもしてくれます。

④「○○に電話して」

これも非常に便利です。

⑤「最新ニュースを聞かせて」

NHKラジオの最新ニュースを聞かせてくれます。朝の散歩時に重宝します。

⑥「サザンオールスターズの栞のテーマをかけて」

Applemusicに加入していれば、いまやほとんどのアーティストの楽曲を聞くことができます。

Siriは楽曲名でもアーティスト名「サザンオールスターズをかけて」、アルバム名「サザンオールスターズのアルバム 熱い胸さわぎをかけて」自分で作ったプレイリスト名でもかけてくれますね。

⑦「メールをチェックして」

最新のメールを3つ読み上げてくれます。

⑧「メールをありがとうと返信して」

新着のメールを読み上げてもらった後に返信することもできます。

⑨「予定を追加 正午に○○と待ち合わせ」

散歩中にふと思いついた予定をカレンダーに書き入れることができます。

⑩「玉ねぎを買うとメモして」

これまた散歩中に思いついたことをメモに書きとどめてもらうことができます。

4. まとめ

アマゾンのアレクサが家に二台ありまして、コマンドの聞き取りはアレクサのほうが分があるような気がしています。Siriにも頑張って欲しいです。Siriの出来栄えが大切になるのは、AppleCarplayを使う場合と、Airpodsを使っているときですよね。Airpodsも新型になるたびにSiriでできることが増えるだと面白いかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です