本牧山頂公園ドッグラン ドッグランのまわりの本牧山頂公園もいろいろ不思議で犬連れが楽しい!

本牧山頂公園ドッグラン ドッグランのまわりの本牧山頂公園もいろいろ不思議で犬連れが楽しい!

1. 本牧山頂公園ドッグランはサマータイムで3時から

 

本牧シリーズ
本牧山頂公園ドッグランは周辺のドッグカフェもおすすめ!
横浜港シンボルタワー ドッグランには弁当持参で長時間が吉!
おしゃれ系の「横山剣」で犬散歩 イーネッ!

「シンボルタワー」知ってましたか?

3連休に久しぶりに本牧山頂公園ドッグランに行ってみました。

ところが、まぬけにも時間を確認しなかったので、ドッグランのオープンが3時からのサマータイムになっていることに気づきませんでした。

まだ、1時間あります。

しかたないので、ドッグランをあきらめて、山頂公園そのものを散歩してきました。

小さな公園だろうとマップを見ると、なんと約22ヘクタールもの敷地があるそうです。

東京ドームの約5個分ですね。

レイアウトは基本的に東西に細長く伸びていて、丘を5つ持っています。

 

公園の案内図

本牧山頂公園HPより

1983年に返還されるまで本牧一帯は米軍に接収されていたので、ずっとアメリカだったわけですね。

米海軍のための高級住宅街だったそうです。米軍横浜海浜住宅地区と呼ばれていました。

公園の地図には山手の西洋館までの散策ルートもありました。由来からいうと、意味があるルートなんですね。

でも、ちょっと遠かったので、今日は山頂公園内の散策にとどめます。

面白かったのは、東側にある「森のデッキ」と呼ばれる、木製の陸橋です。

とくにどこに続くわけではないのですが(笑、森の中でちょっと高さのある木製の陸橋を歩くのは視点が変わって面白いですね。

そこに至るまで枕木を敷き詰めた散策路や、米軍接収時の消火栓などがあり、本牧のイメージを感じることができます。

 

歴史を記した看板

古い消火栓

米軍の忘れ物。ドライバレル消火栓。どこかディズニーランド風味。

2. わりと不思議ちゃんな本牧山頂公園

この森のデッキの陸橋もそうですが、この公園にはいろいろ不思議な、というか無意味なものがたくさんあります。

メインの通りにある結構大きなウッドデッキ。

歩いてみたのですが、別に見晴らしも良くならないし、イベントに使われたこともないそうです。

不思議な空間

※写真 はまれぽ.com

由来のわからない「ストーンヘンジ的な」建造物とか。いや、返還になったのが1983年ですからね。整備されて開園したのが1998年ですから。

由来や使い方がわからない、って意味不明ですよね。古墳じゃないんですから。

こちら→https://hamarepo.com/story.php?page_no=1&story_id=3394&from=

3. ノドが乾いたら「hasamu」でクラフトビール!

店内

そんな不思議ちゃんな本牧山頂公園で汗をかいたら、犬連れであれば、イオンのなかにある「HASAMU」がおすすめ。

犬用のオープンテラスでハンバーガーと冷えたビールで腹ごしらえできます。

今日はすでに昼を取っていたので、奥さんがビール。私はチョコレートファッジサンデーにしました。

パフェとビール

メニューを見ると、ハンバーガーとクラフトビールのいくつかの組み合わせのおすすめが描いてあります。うまそー。

メニュー

私の場合、ここに来るにはどうしても車なので、ビールってわけには行かないんですけどね。助手席に乗ってこれるという方は是非お試しあれ。ワンちゃんにも水がもらえます。暑い夏でも一息つけますね。

山頂公園ドッグランの時間を間違えたら、山頂公園で遊んで、「HASAMU」でビール。

時間と体力があれば、山手西洋館までの散歩コース。おすすめです!