犬のサマーカットは熱中症に注意!

プールで泳ぐチワワ

1. サマーカットで熱中症になる?

ワンコの不思議を調べてみた

暑いですね。

これだけ暑いとどんどんきているものが薄くなって行きます。

最後はTシャツ一枚。それでも暑いんで扇風機やクーラー浸りの毎日ではありませんか?

そんな毎日に、ふと我が家の犬を見ると、これが毛むくじゃらで暑苦しい。

本人も暑いに違いない。そこで次にトリミングに連れて行く時に「地肌が見えるくらい短いサマーカットでお願いします」と頼んでしまう。

 

これよくありますよねー。

たしかに毛の長い犬などは見た目から暑そう。かわいそう。

 

キャラクターバナー

ところが、実際の犬はサマーカットに迷惑しているんだそうです。

それどころか、サマーカットが原因で熱射病にかかる危険が高まるのだそうですよ。

2. 犬にとって被毛の役割は?

まず、犬は被毛があって暑いのか? 

前回にも書きましたが、犬には体に汗腺がありません。

ということは、体の表面で汗をかき、それが蒸発することでは体温を調節できません。

そこで活躍しているのが被毛なんです。

もふもふの被毛の中に空気の層を保持していますから、そこが断熱材の役割をしているのです。

これがなければ、直射日光が地肌に当たったり、地面からの照り返しを防げない状態になってしまいます。

直接太陽光戦が当たることで、人間と比べて角質層が薄いこともあって、犬の体温はぐんぐん上がり、熱中症を招くことになるそうですよ。

サマーカットにしたことで熱中症のリスクが上がってしまうんですね。

また、部屋の中でもクーラーの風が直接体に当たりますから、過度に体を冷やしてお腹を壊すなどの危険もあります。

また、外出が多くなる夏には、ノミやダニから皮膚を守ったり、身体の乾燥を防ぐことでウィルスの繁殖を防ぐという役割もあります。

奇妙に聞こえますが、夏こそ極端に短いサマーカットは危険なんですね。

3. サマーカットにするなら配慮が必要

もちろん、今ではほとんどの犬が室内飼いであって、心配するほどサマーカットの危険性はないという人もいます。

考え方次第だと思います。

しかし、極端なサマーカットの利点がそれほどないとすると、人間の「かわいい」とか「涼しそう(という誤解)」のためにサマーカットにする必要もまた感じません。

もし、サマーカットにするにしても散歩の時には服を着せて直接日光が当たることを避けるなどの配慮が必要ですね。

またバリカンで丸刈りをしてしまうと、毛質が変わるということもよく聞きますね。

良い方に変わればいいですが、思ってもみなかった結果になっても困ります。

サマーカットは慎重に考えた方が良さそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です