子犬に「ツケ」を教える

子犬に「ツケ」を教える

走る子犬

1. 「ツケ」を教える

16週をまとめて読もう!

Modified on: Jul 27, 2019

「ツケ」というしつけは飼い主の横について、足並みをそろえて歩くことです。

犬は本来人間よりも先に行きたがるものなんですね。

でも、いつも飼い主の前を歩いていたり、好きな時ににおいをかいだりしているのでは、そのお散歩の主導権は犬が握っていることになっちゃいますよね。

ふだんの散歩がこの調子だと、犬に振り回される状態になり飼い主にはだんだん散歩がつらいものになっていっちゃいますよー。

それは結局、散歩の回数が減ってしまうなど、犬にとっても残念な状況を招きますよね。

また安全安心の点からも「ツケ」の習得が大切。

その他のコマンドと同じく、「ツケ」も家族全員が一貫性を持って犬に接してください。

ドッグタグ バナー

2. 室内でまず犬が人間の左側を歩く練習をする

このステップで!

1. 左手でリードを持ち、犬の前を遮るように、左回りの円を描いて歩きましょう。

これは犬が前に行く行為を抑えるために行います。

2. 犬の鼻先にフードを持った手を出し、嗅がせます。犬が注目したら、「ツケ」とコマンドをかけ、左側の膝近くについたら褒めておやつを与えます。

常に左側の膝の近くにいることを理解させましょう。

前に行こうとしたり、右側に行こうとしたら無視してください。左側にいるときのみ優しく声をかけてましょう。

最初は5分くらい続けられれば良いと思います。

これができてきたら、「ツケ」のコマンドをかける練習をします。

このステップで!

1. 飼い主の左に犬を座らせてから、「ツケ」のコマンドで歩き出します。

2. 歩き出してすぐにフードを一つ与えます。子犬が飛びつかないように、少しかがんで与えてください。

3. フード与えたら、右手で次のフードをポーチからだし左の肩において歩きます。犬がそれに注目するようにしてください。

4. 犬が飼い主の左側を歩いていられたらフードあたえます。ここまでを繰り返してください。

5. 犬が飼い主を見上げて歩けているうちに、座らせ、「OK」のコマンドでで「ツケ」を終了します。

3. 外に連れ出してみましょう

家のご近所で構いません。道路に砂や小石が落ちていると気が散ってしまうので、アスファルトで行うのが良いでしょう。

「ツケ」を覚えることによって、車や人間が多い大通りなども子犬を連れていっても安全に散歩することができます。

しかし、ずっと「ツケ」のままでは子犬がストレス発散ができなくなってしまいます。

安全な場所に来たら、コマンドを解き、周囲の匂いを嗅がせてあげるなど、自由にしてあげましょう。

子犬を躾ける頃合いに、愛犬に銀のドッグタグを贈りませんか?

  • 二度と来ない「子犬のとき」を銀のドッグタグに封じ込めよう

    誕生石入りドッグタグ

    名前が決まったものの、まだまだ子犬は頼りなく弱々しい存在ですね。
    飼い主であれば、そんな子犬の一生が幸せなものであるように、願わずにいられません。
    例えば人間の子供であれば「銀のスプーン」の風習があります。
    一般に「銀のスプーンをくわえて生まれた」と言われますが、「銀のスプーンをくわえて生まれた子」は、裕福な家庭に生まれ、生涯苦労がないということを表しています。
    その言い伝えに合わせて、欧米には子供が生まれたときに「銀のスプーン」をプレゼントとして贈る習慣があり、日本でも最近見かけるようになってきました。

    なぜ、「銀」なのかというと、古来より銀は純粋や無垢の象徴であり、「人を災いから守る」と言われているからです。

    人間の子供の場合は「銀のスプーン」ですが、子犬の場合はどんなものがいいだろう? と考え「スターリングシルバーのドッグタグ」を思いつきました。(銀は純度100%では強度が出ないため、銅などを混ぜて合金とします。スターリングシルバーは銀の割合が92.5%のものを指します)「子犬の記念日」のジュエリーデザイナーとああでもない、こうでもないと長時間検討した結果のプロダクトです。
    長いキャリアをもつデザイナーが、全ての工程をハンドメイドで作っていますから、同じものは二つとありません。
    ジュエリーで最も高級な作り方です。

    誕生石付きドッグタグ裏

    子犬の似顔絵をかけるのは、子犬の今だけ

    写真と似顔絵

    ドッグタグは「迷子札」ですから「子犬の名前」「飼い主の名字」「電話番号」を刻印します。
    でもそれだけでは「この世に唯一の存在」のあなたの子犬に贈るものとしては役不足だと思いました。
    もっと決定的に「この子だけのもの」を作り出したい! と考えたのが似顔絵です。
    飼い主様から似顔絵にしたい子犬の写真を送っていただき、イラストレーターが要望に沿って似顔絵を仕上げていきます。

    犬も成長すると子犬のときとは様子が変わります。

    それは素敵なことですが、子犬のときの可愛さを似顔絵にできるのは、本当に子犬のときだけなのです。

    この期を逃さずに作られてはいかがでしょうか。

    完成した似顔絵を確認後、「子犬の名前」「飼い主の名字」「電話番号」とともに、銀のドッグタグにレーザー刻印します。
    世界にひとつだけ、その子犬だけのドッグタグです。

    タグへの刻印

    誕生石が子犬を守る

    生まれた月にちなんで「幸福を招き、災害を払う」として用いられるのが「誕生石」。

    その起源は、『旧約聖書』の「出エジプト記」におけるユダヤ人高僧の胸に飾られた12の宝石と言われています。

    生まれ月の星座に属する宝石を身につけていると、病気や災害を避け、幸運に恵まれるといわれ、18世紀ごろからヨーロッパで一般的になりました。

    「子犬の記念日」がお贈りする「銀のドッグタグ」では、子犬の似顔絵の上に誕生石を置くことで、大切な愛犬を守るお守りとしています。
    愛犬の写真をお送りいただくときに生まれ月をおしらせください。
    以下の誕生石をていねいに象嵌させていただきます。

    1月 ガーネット(ザクロ石)真実・忠実・貞操・友愛・勝利

    2月 アメシスト(紫水晶)誠実・心の平和・高貴
    3月 アクアマリン 勇気・幸せ・富・喜び
    4月 クォーツ 純粋・純真・繁栄
    5月 エメラルド 幸運・幸福・愛・健康
    6月 ムーンストーン 純粋無垢、健康、長寿
    7月 ルビー 情熱・仁愛・威厳
    8月 ペリドット 夫婦の幸福・和合
    9月 サファイア 慈愛・誠実・徳望
    10月 オパール 幸運・忍耐・歓喜・希望
    11月 トパーズ 友情・潔白・希望
    12月 トルコ石 成功・繁栄・健康

     

    誕生石は華美すぎる、とお感じになられる方には誕生石を省いたスタンダードなシルバードッグタグをご用意しています。

    2週間でお届けいたします

    いかがですか? 全てがハンドメイドのため、申し訳ありませんが、2週間ほどお時間をいただきます。
    確かな技術を持つジュエリーデザイナーとイラストレーターによる、大切な愛犬のための世界でただひとつのシルバードッグタグ。
    子犬の名前を決めた時期を逃さず、贈られてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です