子犬のしつけについて家族で話し合う

子犬のしつけについて家族で話し合う

トイプードル

1. しつけについて話し合う

16週をまとめて読もう!

Modified on: Jul 28, 2019

子犬を迎えるときにまず考えておかなくてはいけないことは、子犬のしつけにについてです。

しつけというと「オスワリ」や「マテ」などの命令のことを思い浮かべますね。

なんだか「人間のために子犬に言うことをきかす」みたいに感じてしまうかもしれません。

実はしつけは子犬を幸せにするためのものです。

それはなぜでしょう?

子犬の幸せは最愛の飼い主といつも一緒にいることですね。

ところがしつけの入っていない子犬は、やたらに他の犬や人間に吠えてしまいます。

飼い主は散歩はしょうがないとしても、その他のお出かけに子犬を連れていくことにストレスを感じるようになってしまいますね。

そして徐々に家の中でお留守番が多くなっていくのではないでしょうか。

一方しっかりしつけられた子犬は飼い主がどこへいくにも連れて行ってもらえます

大好きな飼い主といつでも一緒にいられるのです。子犬にとっては一番の幸せに違いありません。

ドッグタグ バナー

2. しつけは子犬を守るもの

また、しつけは子犬の安全を守るためのものでもあります。

急な飛び出しで車にはねられたり、他の犬と喧嘩になって傷ついたり、といった危険から遠ざけるためにも、飼い主の言うことをしっかり聞くしつけが大切なのです。

その観点からするとしつけとは「犬が飼い主、人間社会と問題なく共存できること」です。

「オスワリ」や「マテ」が完璧に入っていることが重要なのではありません。

子犬が飼い主にしっかり従い、他の人々や動物と共存できるように「吠えずに」「他の人や動物に迷惑や危害を加えない」ことを目指すものだと考えたいですねー。

 

箱の中の子犬

まず第一にコマンドの言葉を家族で統一するように話し合ってください。

たとえば子犬に立ち止まってほしいときのコマンドを「マテ」にするのか「ストップ」にするのか決めておく必要があります。

しつける基本は「命令を統一させること」です。子犬は違う言葉でコマンドを要求されても理解できません。

おとうさん、おかあさん、子供さんで言葉が混在しないように統一をしてください。

また、子犬に対するしつけの方針も統一してください。

おかあさんはしっかり規律を守るように厳格なしつけを求めるのに、おとうさんはルーズ、では子犬はやはり混乱してしまいます。

家族の間で「これはOK」「これはダメ」の基準をブラさないことが大切です。

3. まとめ

子犬は人間よりも早く年を取ります。

子犬の場合、1ケ月で1年年を取るペースです。

家庭に連れて来て6ヶ月、人間でいうと6歳くらいまでは子犬の性格が毎日少しづつ固まっていく時期ですからしっかりとしつけを入れたいですね。

そして、性格が安定するのは大体2歳半くらいと言われています

この時期までにしっかりしつけをすれば、そのあとに大きな問題が起きることは少ないでしょう。

はじめはできなくてもあきらめず、できた時はいっぱい褒めてあげるようにしましょう。

子犬にしっかりしつけが入っていきますよ。
 


 
子犬を迎えて名前が決まったら、銀のドッグタグを贈りましょう!

  • 二度と来ない「子犬のとき」を銀のドッグタグに封じ込めよう

    誕生石入りドッグタグ

    名前が決まったものの、まだまだ子犬は頼りなく弱々しい存在ですね。
    飼い主であれば、そんな子犬の一生が幸せなものであるように、願わずにいられません。
    例えば人間の子供であれば「銀のスプーン」の風習があります。
    一般に「銀のスプーンをくわえて生まれた」と言われますが、「銀のスプーンをくわえて生まれた子」は、裕福な家庭に生まれ、生涯苦労がないということを表しています。
    その言い伝えに合わせて、欧米には子供が生まれたときに「銀のスプーン」をプレゼントとして贈る習慣があり、日本でも最近見かけるようになってきました。

    なぜ、「銀」なのかというと、古来より銀は純粋や無垢の象徴であり、「人を災いから守る」と言われているからです。

    人間の子供の場合は「銀のスプーン」ですが、子犬の場合はどんなものがいいだろう? と考え「スターリングシルバーのドッグタグ」を思いつきました。(銀は純度100%では強度が出ないため、銅などを混ぜて合金とします。スターリングシルバーは銀の割合が92.5%のものを指します)「子犬の記念日」のジュエリーデザイナーとああでもない、こうでもないと長時間検討した結果のプロダクトです。
    長いキャリアをもつデザイナーが、全ての工程をハンドメイドで作っていますから、同じものは二つとありません。
    ジュエリーで最も高級な作り方です。

    誕生石付きドッグタグ裏

    子犬の似顔絵をかけるのは、子犬の今だけ

    写真と似顔絵

    ドッグタグは「迷子札」ですから「子犬の名前」「飼い主の名字」「電話番号」を刻印します。
    でもそれだけでは「この世に唯一の存在」のあなたの子犬に贈るものとしては役不足だと思いました。
    もっと決定的に「この子だけのもの」を作り出したい! と考えたのが似顔絵です。
    飼い主様から似顔絵にしたい子犬の写真を送っていただき、イラストレーターが要望に沿って似顔絵を仕上げていきます。

    犬も成長すると子犬のときとは様子が変わります。

    それは素敵なことですが、子犬のときの可愛さを似顔絵にできるのは、本当に子犬のときだけなのです。

    この期を逃さずに作られてはいかがでしょうか。

    完成した似顔絵を確認後、「子犬の名前」「飼い主の名字」「電話番号」とともに、銀のドッグタグにレーザー刻印します。
    世界にひとつだけ、その子犬だけのドッグタグです。

    タグへの刻印

    誕生石が子犬を守る

    生まれた月にちなんで「幸福を招き、災害を払う」として用いられるのが「誕生石」。

    その起源は、『旧約聖書』の「出エジプト記」におけるユダヤ人高僧の胸に飾られた12の宝石と言われています。

    生まれ月の星座に属する宝石を身につけていると、病気や災害を避け、幸運に恵まれるといわれ、18世紀ごろからヨーロッパで一般的になりました。

    「子犬の記念日」がお贈りする「銀のドッグタグ」では、子犬の似顔絵の上に誕生石を置くことで、大切な愛犬を守るお守りとしています。
    愛犬の写真をお送りいただくときに生まれ月をおしらせください。
    以下の誕生石をていねいに象嵌させていただきます。

    1月 ガーネット(ザクロ石)真実・忠実・貞操・友愛・勝利

    2月 アメシスト(紫水晶)誠実・心の平和・高貴
    3月 アクアマリン 勇気・幸せ・富・喜び
    4月 クォーツ 純粋・純真・繁栄
    5月 エメラルド 幸運・幸福・愛・健康
    6月 ムーンストーン 純粋無垢、健康、長寿
    7月 ルビー 情熱・仁愛・威厳
    8月 ペリドット 夫婦の幸福・和合
    9月 サファイア 慈愛・誠実・徳望
    10月 オパール 幸運・忍耐・歓喜・希望
    11月 トパーズ 友情・潔白・希望
    12月 トルコ石 成功・繁栄・健康

     

    誕生石は華美すぎる、とお感じになられる方には誕生石を省いたスタンダードなシルバードッグタグをご用意しています。

    2週間でお届けいたします

    いかがですか? 全てがハンドメイドのため、申し訳ありませんが、2週間ほどお時間をいただきます。
    確かな技術を持つジュエリーデザイナーとイラストレーターによる、大切な愛犬のための世界でただひとつのシルバードッグタグ。
    子犬の名前を決めた時期を逃さず、贈られてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です