オール電化にしただけでは、犬由来の火災は防げない

オール電化にしただけでは、犬由来の火災は防げない

火災 炎

1. 暖房関係はオール電化にしたものの・・

だんだんと寒くなってきましたね。

散歩にいくのも躊躇する、というほどではありませんが、暖房が恋しい季節になってきました。

 

うちの暖房は実はすべて電気です。基本的にエアコンですね。

 

というのも、家を建てたとき、子供が小さかったのとラブラドールを飼い始めたので、灯油のストーブは危ないなと思っていたんです。

だって、遊び好きのラブラドールが突進してきてストーブ倒したら、確実に火事だよ、と思いません? 

 

もちろんすぐに消火機能が働くのでしょうけど、怖くて。

 

その結果冬の電気料金は目も覆わんばかりの金額です。

ドッグタグ バナー

2.火災につながるペットの行動とは・・

ワンコの不思議を調べてみた

ところがそれは私の思い違いだったんですね。

ペットによる火災事故は「灯油ストーブを倒す」じゃないんです。

独立行政法人製品評価技術基盤機構 製品安全センター(NITE)が発表したプレスリリースがあります。

ペット等の動物が関係する製品事故の防止について(注意喚起)

犬や猫などのペットだけではなく、ネズミやゴキブリによるものも記載されているのですが、事故の総件数は78件(ペット26件、小動物や害虫52件)、うち56件(約72%)が火災に至っているということです。

ネズミやゴキブリは置いておいて、ペットで多い事故の経過ですが

① ペットが電源コードをかじったり爪でひっかけたりすることで配線がショート

② ペットの尿などで電子基板がショートしたり、コンセントでトラッキング現象が発生して発火

とあります。

うちのノーフォークテリアは家具もめちゃくちゃにしたんですが、実はコンセント噛みちぎっちゃったんですよね。

噛みちぎったプラグ
くわしくは(悪魔の異名を持つ犬たち
通電していた加湿器のコードを噛みちぎっちゃったんでほんと危なかったと思います。

その加湿器のコードはホームセンターに売っている付け替え用コンセントにしてなんとか使っていますが。

3. ワンコによる火災を防ぐためにやりたいことは

この事態を受けてまずやったのが、どうしてもタコ足になってしまうコンセント周りの電源をボックスに入れて隠しました。

見た目もいいですし、こうすると、電源につながっているコンセントは一つになるので、ここだけ犬から守ればよくなります。

大した金額ではないのでオススメですね。

また、「充電中のバッテリーを犬がかみ、ショートして破裂」という表記もあります。スマホ用の携帯バッテリーはたしかに無造作に転がしてます。気をつけないといけないと思いました。

アメリカではさらに事故が多いらしく、以下の注意喚起がなされています。

① 子犬の行動を制限する

特に子犬のうちは好奇心が強く、なんでも口に入れて確認しますから注意が必要です。

人間の目が届かないとき、留守番をさせるなどのときには、安全な場所にケージを置いてそこにいれましょう。

② 火はこまめに消す 

ろうそくやストーブに好奇心から近寄っていってしまうことがあるそうです。

少なくとも使っていない火はすぐに消しましょう。

③ コンロやストーブを使っていない時にはカバーをかける

驚いたことに、犬猫はスイッチを押しちゃうんです。そのくらい器用なんだそうで、カバーがあるならしっかり隠すことが大切だそうです。

④ ろうそくなどはLEDキャンドルを使う

若干風情に欠ける気がしますが、犬がいるなら安全のために仕方ないですね。

⑤ 倒しても火災が発生しない器具を選ぶ

火を起こすストーブよりも温風ヒーターとか、ホットカーペットなどを選びたいものですね。

とはいえ、どんなに電化したところで、コンセントや電源がウィークポイントになってしまいます。

犬がコンセントや電源に触れないようにしつけることが大切ですよね。

火災もそうですが、通電している状態で噛んでしまうと感電します。

自戒もこめてしっかりしつけましょうね。

それから、犬が噛んでしまって傷ついたコンセントやコードなどは新しいものに取り替えましょう。

漏電の危険があります。

大した出費ではありません。それでワンコの安全が確保できるなら(人間の安全も)安いものですよ。

そうそう、火災とはちょっと違いますが、ストーブに近すぎて「毛皮が焦げる」「やけどする」こともありますよね。リンクはうさぎですが、本当にこんがり焼き目が着いてしまって・・。これも柵を用意するなど対策が必要ですねー。


気をつけよう!ペットがストーブの前に座って毛が焦げる事件「うちのも毎年やってる」「柵置かないと…」

子犬の似顔がかけるのは子犬の今だけ!銀のドッグタグに永遠に残しませんか?

  • 二度と来ない「子犬のとき」を銀のドッグタグに封じ込めよう

    誕生石入りドッグタグ

    名前が決まったものの、まだまだ子犬は頼りなく弱々しい存在ですね。
    飼い主であれば、そんな子犬の一生が幸せなものであるように、願わずにいられません。
    例えば人間の子供であれば「銀のスプーン」の風習があります。
    一般に「銀のスプーンをくわえて生まれた」と言われますが、「銀のスプーンをくわえて生まれた子」は、裕福な家庭に生まれ、生涯苦労がないということを表しています。
    その言い伝えに合わせて、欧米には子供が生まれたときに「銀のスプーン」をプレゼントとして贈る習慣があり、日本でも最近見かけるようになってきました。

    なぜ、「銀」なのかというと、古来より銀は純粋や無垢の象徴であり、「人を災いから守る」と言われているからです。

    人間の子供の場合は「銀のスプーン」ですが、子犬の場合はどんなものがいいだろう? と考え「スターリングシルバーのドッグタグ」を思いつきました。(銀は純度100%では強度が出ないため、銅などを混ぜて合金とします。スターリングシルバーは銀の割合が92.5%のものを指します)「子犬の記念日」のジュエリーデザイナーとああでもない、こうでもないと長時間検討した結果のプロダクトです。
    長いキャリアをもつデザイナーが、全ての工程をハンドメイドで作っていますから、同じものは二つとありません。
    ジュエリーで最も高級な作り方です。

    誕生石付きドッグタグ裏

    子犬の似顔絵をかけるのは、子犬の今だけ

    写真と似顔絵

    ドッグタグは「迷子札」ですから「子犬の名前」「飼い主の名字」「電話番号」を刻印します。
    でもそれだけでは「この世に唯一の存在」のあなたの子犬に贈るものとしては役不足だと思いました。
    もっと決定的に「この子だけのもの」を作り出したい! と考えたのが似顔絵です。
    飼い主様から似顔絵にしたい子犬の写真を送っていただき、イラストレーターが要望に沿って似顔絵を仕上げていきます。

    犬も成長すると子犬のときとは様子が変わります。

    それは素敵なことですが、子犬のときの可愛さを似顔絵にできるのは、本当に子犬のときだけなのです。

    この期を逃さずに作られてはいかがでしょうか。

    完成した似顔絵を確認後、「子犬の名前」「飼い主の名字」「電話番号」とともに、銀のドッグタグにレーザー刻印します。
    世界にひとつだけ、その子犬だけのドッグタグです。

    タグへの刻印

    誕生石が子犬を守る

    生まれた月にちなんで「幸福を招き、災害を払う」として用いられるのが「誕生石」。

    その起源は、『旧約聖書』の「出エジプト記」におけるユダヤ人高僧の胸に飾られた12の宝石と言われています。

    生まれ月の星座に属する宝石を身につけていると、病気や災害を避け、幸運に恵まれるといわれ、18世紀ごろからヨーロッパで一般的になりました。

    「子犬の記念日」がお贈りする「銀のドッグタグ」では、子犬の似顔絵の上に誕生石を置くことで、大切な愛犬を守るお守りとしています。
    愛犬の写真をお送りいただくときに生まれ月をおしらせください。
    以下の誕生石をていねいに象嵌させていただきます。

    1月 ガーネット(ザクロ石)真実・忠実・貞操・友愛・勝利

    2月 アメシスト(紫水晶)誠実・心の平和・高貴
    3月 アクアマリン 勇気・幸せ・富・喜び
    4月 クォーツ 純粋・純真・繁栄
    5月 エメラルド 幸運・幸福・愛・健康
    6月 ムーンストーン 純粋無垢、健康、長寿
    7月 ルビー 情熱・仁愛・威厳
    8月 ペリドット 夫婦の幸福・和合
    9月 サファイア 慈愛・誠実・徳望
    10月 オパール 幸運・忍耐・歓喜・希望
    11月 トパーズ 友情・潔白・希望
    12月 トルコ石 成功・繁栄・健康

     

    誕生石は華美すぎる、とお感じになられる方には誕生石を省いたスタンダードなシルバードッグタグをご用意しています。

    2週間でお届けいたします

    いかがですか? 全てがハンドメイドのため、申し訳ありませんが、2週間ほどお時間をいただきます。
    確かな技術を持つジュエリーデザイナーとイラストレーターによる、大切な愛犬のための世界でただひとつのシルバードッグタグ。
    子犬の名前を決めた時期を逃さず、贈られてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です