ビーグルってどんな犬? 特徴を調べてみた

子犬の育て方 ビーグル 子犬 しつけ

CTAタグ

1. ビーグルってどんな犬?

合わせて読みたい

Modified on: Jul 17, 2019

ポートレイトバナー

「世界一有名なビーグル犬」といえばスヌーピーのことですが、ビーグルには他にも異名があるのを知ってますか?
「森の鈴」、「森のトランペッター」、「草原の声楽隊」などなど。

これらは猟犬であるビーグルが狩りの時に獲物を追いながら「追い鳴き」をするためにつけられました。
ビーグルは嗅覚の鋭いハウンドドッグ(猟犬)で、14~15世紀ごろからイギリスではスポーツであるウサギ狩りに使われてきた歴史があるんですね。
狩りの時には、何頭もの群で使われたそうですが、ビーグルたちはよく通る高い声で連絡を取り合い、逃げるうさぎを追いつめていくそうです。
そりゃあ「森のトランペッター」と呼ばれますよね。
ちなみに「ビーグル」という名前は、諸説あるようですが、フランス語で「大声を出す」という意味もあるとされています。
原産国のイギリスでも昔から人気の犬種なのですが、1860年頃にアメリカにも輸入されるようになると、たちまち人気の犬となりました。
それ以来、アメリカケンネルクラブの登録数ランキングのベスト10入りが続く、人気の犬種なんです。

CTAタグ 赤
ドッグタグ バナー

2. ビーグルの体の特徴

最大の特徴は、太くて良く通る吠え声です。
体高を33cm~40cm。体重は9〜11kg。ハウンドドッグとしては一番小さいそうです。
毛色はブラック・タン・ホワイトのトライカラーや、レッドアンドホワイトなど多数あります。レバー色以外のハウンドカラーは認められているそうです。

3. ビーグルの性格

スヌーピーのイメージも同じかもしれませんが、ビーグルは平和主義者。
飼い主にも家族にも大変愛情深い犬種です。
また、前述したとおり、ビーグルは狩りに用いられた時に群で仕事をしました。このため、他の犬とは争いを好まず、とてもフレンドリーのようです。
活発で、遊ぶ事が大好きな犬なので、「犬と一緒にいろいろなことをしたい! いろいろなところに行きたい!」という方にはオススメの犬種だそうです。
体の大きさからすると、ビーグルはかなりの運動量が必要な犬種です。
できれば1日1時間以上の散歩をしたいところです。
食欲も旺盛なんで運動不足で太りやすくなってしまいますからね。
また、集団行動をする犬だけに、留守番はにがて。
とても寂しがります。あまり長い時間の留守番は考えものです。
そしてなんども書いてますが、大きい声で吠えます。
なんてったって「森のトランペッター」ですからね。
集合住宅で飼育する場合、その点を覚悟して徹底して躾ける必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です