キュリオロック ハンズフリーで犬散歩が快適 アップルウォッチでも

キュリオロック ハンズフリーで犬散歩が快適 アップルウォッチでも

犬散歩は両手が塞がっているから鍵を取り出すのがめんどう

キュリオロック(QrioLock)を取り付けてみました。Iphoneを持っているだけで、鍵が自動的に開くというやつです。

クルマがキーレスなので、鍵束はいつも鞄のなか。いちいち取り出すことないんですよね。でも玄関の鍵だけはアナログなので、外出から帰って鍵が閉まっているといちいち鞄から取り出さないといけません。

鍵を意識しないことに慣れてしまうと、これがめんどうくさい。

家に人がいるからと油断して鍵を持たずに犬の散歩に出たとしましょう。

勝手な息子が、そのあいだに鍵をかけて外出してしまうと目も当てられません。

締め出されてしまいます。

これは避けたいですよね。

キュリオロックには興味があったのですが、高かったので見送っていました。20000円くらいに落ちてきたので試してみました。

キュリオロックの機能

※詳細は画像をクリック!

導入したのはQ-SL2というもので以下の機能があります。

アプリでの開け閉め

鍵の代わりにアプリを使ってbluetooth経由で鍵の開け閉めができます。

まあ、これだと「いちいちスマホを取り出さなければならない」わけで、鍵束を取り出すのとめんどうくささは変わりませんね。

ただ、アップルウォッチのシリーズ4以上を持っている場合は、アップルウォッチから鍵の操作ができます。盤面にアプリを常駐させていれば、やや便利になる感じでしょうか。

ハンズフリー

施錠して100mくらい離れると、ハンズフリーが有効になります。お知らせで「ハンズフリーが有効になりました」とお知らせがきて、私の場合は帰宅して駐車場にクルマを入れ、ドアを開けたところで解錠しました。ドアまで3メートルくらい離れています。

GPSの位置情報を利用しているので、遮蔽物や、天気などで精度が変わりそうですね。

これはそうとう快適ですねー。

オートロック

オートロックの設定もできます。ドアを開けて、しまったらガチャリと施錠してくれます。

これもとても便利。

コロナの生活で家人の外出が定時でなくなり、ランダムに出入りするようになったので、鍵をかけていいのか、悪いのかと予定を聞くのもめんどくさいですもんね。

閉まったら必ず施錠してくれるわけですから、手間なしです。

リモート

これは追加の設備が必要です。キュリオハブ(QrioHub)と呼ばれる別売のインターネット接続機器を追加することで鍵の遠隔操作ができます。

犬のお散歩をお願いしたら、勤務先からその時間だけ鍵を開けるなどが可能になります。スマホは持たせられない小さなお子さんがいる場合も重宝しそうです。

※詳細は画像をクリック!

キュリオロックの特徴

工事不要

キュリオロックの一番の特徴はなんたってお手軽ってことですね。

ドアに穴あけて固定するとなると、DIYとしては一気に壁が高くなります。もしうまく動かななったり、自分の生活に合わないとなったら、あけた穴どうするんだよ? と家庭内争議になりそうですよね。

その点、キュリオロックは両面テープで本体をドアに貼り付けるだけですからね。両面テープも2枚入っていました。失敗してもやり直せます。

鍵のつまみ部分、いわゆるサムターンに対応するアダプターも3種類同梱されていて、自分のドアに合うものを使えば良いだけ。うまく合わなかったらどうしよう、という心配がありません。

ファミリーキー

オーナーのアカウントから家族用にキーを作り、配布することができます。

もちろん、スマホを持っていて、そこにはキュリオロックのアプリが入っていることが前提です。

はじめは、アプリを入れてオーナーのアカウントでログインすればいいのかと思いましたが、勘違いでした。

家族個々はそれぞれのアカウントを作り、そこにオーナーからキーを送る形です。

合鍵

一時的な合鍵を付与することもできます。

こちらもスマホにアプリが入っており、アカウントがなければいけません。

それさえできれば、合鍵の権限を付与したり消したりできるわけですから、家族以外が家に入らないといけない場合、なかなか便利に使えそうですよね。

キュリオロック

オートロックは使いたいけど締め出されたら困る

うまく動作したので、ほくほくと奥さんに報告したところ、「締め出されたら困るから、オートロックは設定しなくていい」とのこと。

庭を掃除したり、新聞をポストまで取りに行ったり、ゴミを捨てに行ったり。

そんな出入りでも鍵か、スマホを持っていかないといけないのはめんどうだし、絶対に忘れて締め出されては困ると。うーん、オートロック便利なのになー。

アップルウォッチで開けられる

アップルウォッチを持っていれば、キュリオロックのアプリを搭載できます。さらに盤面にアプリを出しておけば、いつでもお手軽に施錠解錠ができます。アップルウォッチではハンズフリーにならないのは残念ですけどね。

ハンズフリーはGPSを利用するので、お隣に行く程度では反応しませんからね。

※あわせて読みたい「AppleWatch4とAirpodsで極楽犬散歩 反応が早く、画面が見やすくなったAppleWatch4

オートロックの一時停止

施錠してあるサムターンを解錠→施錠→解錠と素早く回すとオートロックを一時解除することができます。

キュリオロックの締め出し対応

締め出しの原因に、装置の電源である電池が切れるというものがありますね。

キュリオロックはそれに対してのセーフティーがあります。

キュリオロックはCR123Aの電池を4本入れることが可能ですが、普段は2本のみの電力で動かし、電池の残量が減ってくると利用者のアプリに電池残量が減っていることを通知、自動的に残りの2本に切り替えてくれるそうです。

電池切れや締め出し対策は一応考えられた製品なんですねー。

締め出されたときに頼る人

自力でなんともできない場合は、だれかに頼るほかありません。

締め出されてしまった時に頼れる人たちは以下の人たちでしょうか。

・家族

帰ってくるのを待ちましょう。

・親戚

実家などの親戚に鍵を預けている人も多いかもしれません。

・鍵屋

鍵がなくてもあけてくれますからね。

・物件の管理会社

管理会社がスペアキーを持っている場合があるので、確認してみましょう。ですが、最近は持っていないケースも多いようです。

・保険会社

一部の保険には住宅解錠サービスが無料で付いている場合がありますね。

・友人

友人の家に一時的に避難させてもらうことができますよね。

・セコムなどの警備会社

警備会社と契約している場合、鍵預かりサービスが付いている場合があります。

これ私一度お願いしたことがあります。うちはセコムでしたが、持ってきてもらえました。

預けてある鍵は封印してあるので、お借りした数日後、あらためて封印して返しましたね。

まずはレンタルがいい

実は今回、実機をまだ購入していません。

あなたも感じている通り、自分の家に合うのか、生活スタイルに合うのかわたしも不安だったんですよ。

そこで、2週間レンタルサービスを使ってみたんですよ。

rentio」というサービスです。

キャンペーン中だったので1000円で2週間レンタルでき、気に入れば買取できます。レンタル代、買取代を足してもアマゾンの価格とさほど変わりません。とってもおすすめです。

20000円だして買ってみたものの、うちにはまるっきり無用の長物でした! は避けたいと思い、使ってみました。

申し込んで二日後には届きまして、筐体もきれいでした。新品なのかどうかはわかりませんが・・・。

2週間使ってみてわたしの生活スタイルに合うようなら買い取ろうと思います。

犬散歩がより快適になります

鍵束ってちょっと重いんですよね。

さらにいうと、散歩のときはお散歩バッグに入れると思うのですが、結局うんちと一緒になってしまうのも嫌です。

わたしは散歩のとき、スマホを首から吊るしているので、キュリオロックは本当に便利です。片手に犬、片手にバッグを下げていては、自宅にもどったとき、鍵を探すの大変ですからね。

アップルウォッチを使っているなら、さらに便利でおすすめですね。