犬友とのトラブル うざい? こう回避しよう 飼い主同士よい関係を作るマナーとは

散歩でトラブル

私はとてもシャイなので(笑、グループで犬の散歩をしたことはないです。
はためからも、あんなにいつも一緒じゃ大変だろうなあ、と思いますが、実際犬友とのコミュニケーションで悩まれている方も多いようです。

1. 犬は犬同士の友達はいらない だったらいなくてもいいじゃない

結論から言っちゃいます。犬友は必要ないのではないでしょうか。必要ないとしたら、必要ないもので悩むというのも時間の無駄という気がしませんか?
悩むくらいならキッパリひとりと1匹で散歩に行きましょう。

なぜなら、犬にとって犬友は必要ないですよね。
厳密にいえば子犬の時の社会化期に兄弟のように戯れて遊ぶ友達がいると、成長に役に立つ部分もあると言いますが、それ以外友達は必要ないのですね。

※詳しくは→子犬のときこそ犬友だちを作ろう

なぜなら、犬にとっては飼い主家族がいれば十分に満足だからです。
珍しい犬の飼い主の場合、同じ犬種に巡り合うことが少ないため、ドッグショーなどに足を運ぶ人もいると思います。ノーフォークテリア を飼っている私にも気持ちはよくわかります。でもドライにいえば、犬にとっては関係ないのです。その行為は飼い主が「同じく珍しい犬種を飼っている飼い主と話してみたい」だけです。
とすると、犬友は飼い主側だけの問題なので、気まずくなったら離れればいいし、なによりそのような事態にならないように、表面上のお付き合いでいい。そう思います。犬の方も、ドッグラン などを使ってうまく社会化期を過ごし、道で会ったら挨拶できる、くらいで十分ではないでしょうか。

2. 犬友同士のトラブルにはこんなことが多い

キャラクターバナー

トラブルはだいたい以下のものに集約されるようですね。
逆に言うと、このようなシチュエーションになることを避ける行動を取れば避けられますよね。

愛犬が怖がっているのに、近づけてくる

自分の犬がそれほど社交的ではない、とか、あまりにも大きさが違う、などの場合に無遠慮に近づけられるのは困りますね。
近づいたら問題が起こると分かっている場合は、遠目で見つけたら避けるなどの対策をとってください。

飼い主の許可なく勝手におやつをあげてしまう

善意であげているのだと思いますが、飼い主に一言もなくいきなりおやつをあげられてしまうとびっくりしてしまいますね。
こちらの犬にアレルギーがあったり、ダイエット中ということもあるでしょう。
犬の飼い方として「あげない」と決めている飼い主もいるかもしれません。
そのような時は相手がおやつを出したら「ダイエット中で獣医に止められている」と言っておきましょう。権威ある人の後ろ盾(嘘かもしれませんが)は効きますよ。

公園などでノーリードで遊ばせる

基本的にルール違反です。
公園はいろいろな人がいますから、ノーリードではいつ他の人に怪我をさせてしまうか、また犬自体が危険に巻き込まれてしまうかわかりません。
誰もいないから、とノーリードにしてしまうことも、公園から脱走して車にはねられる危険だってあります。そのような人や犬に巻き込まれないようにしてください。

散歩中のトイレの処理をしない

ドッグカフェやドッグラン で犬がトイレをしてしまった場合、飼い主が片付ける必要があります。最近では散歩中のマーキングでさえ、水をかけていくことがマナーになっています。カフェなどではマナーベルトを使ったり、事前に犬用トイレの設置があるか確認が大切ですね。

マナーベルト
※詳細は画像をクリック!

3. 犬友とよい関係を作るためのマナーでトラブル回避

ドッグランで犬二匹

トラブルの原因を作らないことがマナーになります。

リードをつける

トイレはしっかり処理

挨拶をする

散歩で顔を知っている人とすれ違ったら挨拶を交わしましょう。
犬同士も飼い主が顔見知りだと感じると、警戒をときますよね。
長く話し込む必要はありませんが、挨拶を交わしておくことはトラブル回避につながります。

※詳しくは→犬が挨拶できない・吠える は飼い主の紹介のしかたでフォロー

自分の意見を押し付けない

犬の育てかた、散歩のしかた、人はいろいろな意見をもっているものです。
犬友が自分と同じ意見を持っているとは限りません。良かれと思って教えてあげたのだとしても、相手は意見を押し付けられたと感じることもありますよ。

自分の犬の行動を先読みする

自分の犬が臆病なのか、勝気なのか、おやつをもらったらすぐ食べてしまうのか(食べるでしょうけれど)など、性格や行動の癖を理解しておきましょう。
そうすれば、困ったことになる前に、先読みしてトラブルを回避することができますね。

4. 悩むほどの深い付き合いをしない でトラブル回避

情報交換ができたり、一緒に旅行に行ったり、など犬友と良い関係を作れれば楽しいかもしれません。
でも悪い回路に入ってしまうこともあります。その時にあまり悩む必要はないですよ。人間同士だって、周りの人全員といい関係を築くのは無理。より間接的な関係になる犬友では尚更です。
子犬の一時期以外は、犬にとってはそれほど必要のない犬友なのですから、そのくらいの軽さで考えておけばいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です