子犬が餌を手からしか食べない その原因と対策

1. 手からあげると絆が深まる?

手からフードを犬にあげる

子犬にフードをあげるとき、まあ、普通はフードボールに入れてからあげますよね。そりゃそうでしょ、と思っていたのですが、「1日のフードをちょこちょこ飼い主の手から食べさせるだけで、愛犬との絆が深まる」という情報が。
でもね、「犬 フード 手から」で検索すると「手からしかフードを食べなくて困っている」という記事がわんさと出てくるんです。
ええ? 子犬にフード 手からあげてもいいの? いけないの? に結論を出したいと思います。
 

2.「手からあげる」肯定派の意見

手からフードをあげるだけで絆が深まるなんていう都合のいい話はあるんでしょうか?
その肯定派の意見の論理的な後ろ盾は「頻繁に手からあげる事によって、飼い主のそばにいるといいことが起こると刷り込まれるから」というものなんです。
さらにフードをあげるときに目が合うことが多くなり、飼い主にも愛犬にも幸せホルモン(オキトシン)が出るようになる、とも言われています。

さらに飼い主しか目に入らなくなり、周りの人や犬に注目しなくなり、吠えグセやいたずらが減ることにもつながるそう。

うーん、なんだか風が吹けば桶屋が儲かる的な匂いがしなくもないですが・・・。
この記事では「たとえば、しつけのトレーニング中なら、ごほうびのおやつの代わりにフードを使ってみましょう」と結んでいて、あ、なんだ、ご褒美の話? そりゃ手からあげるわな、なんですけどね。

キャラクターバナー

ちなみに、人の手から直接子犬がご飯を食べるのは、社会化やトレーニングの一環として悪いことではないそうですよー。

3.「手からあげる」否定派の意見

飼い主が毎日手からあげるというのも難しいですし、フードボールから食べられなくなったり、他の人からのフードを食べなくなったりすると、健康上の問題になってしまいますから、しっかりフードボールに慣らしましょう、という意見ですね。

やっぱり色々なことを勘案すると、フードボールで食事ができるように、ご褒美以外は手からあげないほうが良いのではないでしょうかね。

また、ご褒美として手からあげるときにも、犬の歯が手に当たったり、噛みついてきたりしたらあげてはダメですよ。
「噛んだらご褒美をくれる」と間違ったメッセージになってしまい、噛み癖につながることがありますからねー。

4. すでに手からしか食べなくなっている原因と対策

①手からくれるものはフードより美味しいと思っている

ひょっとしたら、「フードを食べなければ、飼い主が困っておやつをくれるかも」と思い込んでいるのかもしれません。手からあげるのは、多くの場合フードより美味しそうなおやつだったりしますから、「手からくれるもの=もっと美味しいもの」を期待させちゃっているかもしれないですね。

犬は賢いですからね。そのような経験をしてしまうと、ずっと覚えてしまうんですよね。特に生後7ヶ月〜8ヶ月頃は自我がでてきて、飼い主を試してご飯を食べないというワンコもいるそうです。

②フードを変えた直後に不安になっている

フードの銘柄を変えたりすると、不安になり食べが悪くなることがあるそうです。そんな場合でも、飼い主の手からは安心してか、食べるんですよね。それが癖になってしまった、という事もあるそうです。

③フードボウルが苦手

ステンレスのフードボール

これが結構笑っちゃうんですが、フードボールが苦手というワンコもいるそうです。特にステンレスのものが。
ステンレスのボウルってフードを食べすすめていくと、鏡面の底が見えてくるじゃないですか。
そこに映る自分の顔が怖い、と。落語みたいな話ですけど、そうなんですって。
それから、食べていると鼻先がステンレスについてしまって不快って犬もいるそうです。ナイーブですねえ。

④食べる場所がおちつかない

食べる場所が問題の場合もあります。
例えば、家の外から大きな音が響いてくる場所や、トイレに近すぎる場所では子犬は落ち着いて食事をする事はできないようですよ。いやー、ナイーブですねえ。

⑤勇気を持って片付けてしまおう

とくに飼い主の次の手、おやつを待っているな、と確信できた場合ですが、15分か、30分時間を与えても食べてくれない場合は片付けてしまいましょう!
はじめはキョトンとしているかもしれませんが、食べなければ片付けられてしまうと分かれば食べ始めるそうですよ。
そうですよね。死活問題ですから。
新しいフードに慣れていないという場合には、元のフードに戻す。フードボールが怖い場合には、瀬戸物のものにする。鼻が底にくっつかない形状のボールにするなど、まずは対症療法を試してみましょう。

詳しくは→子犬がフードを食べない! ふやかす 砕く ローテーションする! 

それでも食べないという場合は、迷わず獣医さんに連れていくほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です