逗子マリーナを犬と散歩 シーサイドカフェでバブルの残り香を嗅ぎに行こう!

逗子マリーナ ヤシの木

CTAタグ

1. 逗子マリーナは今もバブリー

Modified on: Aug 12, 2019

夏の青空にパームツリーが風にそよいでいるのを見ると、ここはどこだ? と錯覚してしまいます。

大学時代にデートでここを訪れた人も多いのではないでしょうか?

名前は聞いたことがあるけど、行ったことない、という方は是非一度訪れてください。

湘南や葉山に行っちゃう人が多いので、逗子マリ、空いてます。

マリーナ ボート

ドッグタグ バナー

2. ユーミンの「SURF&SNOW in ZUSHI MARINA」

さて、逗子マリといえば、ユーミンのコンサートですね。

プールサイドをメインステージにして小規模なライブが毎年開催されていました。

その名も「SURF&SNOW in ZUSHI MARINA」

1978年からのスタートで、騒音などの問題で近隣住民からクレームがあり、一時中止していた時がありましたが、トータルでは17回実施されたようです。

私も一度行きました。大きな会場で豪華に開催するのではなかったからか、はたまた海辺で行われていたからか、とても小粋なイメージのライブでした。

今は行われておらず、とても勿体無い、残念ですね。

逗子マリーナのイメージにぴったり合っていたと思うのですが。

 

そんな逗子マリーナですが、今でも犬連れで散歩をすれば、あの頃のノスタルジーに浸ることができます。

ポートレイトバナー

施設自体がいい感じに古びており、そんな趣が強まっているのかもしれません。

施設内にはFMのDJブースがあり、生中継中。各施設で流れています。

この辺も古き良き、「バブリー」ですよね。

マリーナから見る海

マリーナから遠くに見る江ノ島

駐車場から海沿いの堤防に沿ってぐるりと歩くと、遠くに江ノ島を見ることができます。

横には「リビエラ グランブルー」というレストランがありますが、鎌倉の花火大会ではここが穴場らしく、できれば一度窓辺を予約して見物したいと思っています。

レストランのセレブな雰囲気とは逆に、花火大会の当日には屋台なども出て賑わうそうです。オープンテラス部分は犬同伴でもOKだそうです。

CTAタグ 赤

シーサイドカフェメニュー

散歩としてはそこまで食べられないのでレストランの横にある「Seaside Cafe」に行ってみます。

こちらもテラス席があり、犬同伴できますよ。

シーサイドカフェ テラス席

いろいろなメニューがありますが、今日はネットで評判の良かった「トロピカルハンバーガー」を頼んでみました。

 

セットで「ビール付き」がありますと勧められましたが、「クルマなんで」と泣く泣く断り、テラス席で待ちます。

パイナップルを挟んだハンバーガーはとてもジューシーで美味しいです。

ランチにちょうど良いくらいの大きさで男性も満足できると思います。

シーサイドカフェ ハンバーガー

また、駐車場の入り口から200メートルくらいのところに「ゆうき食堂」があります。

とても有名なお店なのですが、周りに駐車場が少なく、ランチの時間帯は争奪戦です。一度マリーナの中に駐車してから行くのも手ですね。

マリーナ横の公園

3. 芝生の公園もあり、犬も満足

腹ごしらえができたら、犬に運動をさせてあげましょう。駐車場の後ろに公園があり、芝生になっていますから、リードを放すことはできませんが、満足できるくらいには遊べます。

海側にある展望台(というほどの高さではないのですが)に上がれば、堤防越しに海をぐるりと眺めることができます。ここはシャッターポイントですねー。

 

逗子マリーナにはいつのまにか「リビエラ」という名前が加えられましたね。

そもそもセゾングループが開発しましたが、運営会社が2013に倒産し、今の不動産投資会社であるリビエラファシリティーズが施設全体を買収したそうですね。

今はもっぱら結婚式場としての運営が主なようで、今日も招待客がグランブルーに集まっていました。

なんだか一抹の寂しさは感じますが、逗子マリーナが残ってくれたことは嬉しいですね。

最近はバブルが注目されていますが、その残り香を嗅ぎたくなったら、是非訪れたい場所です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です