Totemoiのイヤホンは故障するのか?

完全ワイヤレスイヤホン totemoi

CTAタグ
合わせて読みたい

 

1. 子犬との散歩に便利な「完全ワイアレスイヤホン」

Modified on: Jul 17, 2019

コードがない完全ワイアレスイヤホン。

これがね、散歩にも、ドライブ先での散策にも便利なんですよー。

別にコードがあったっていいじゃない、と思っているでしょ?

それはね、使ったことがないからだと思います。

一度使ってみてください。一度でも使ったら、コードがあることが煩わしくて仕方なくなりますよー。

とくに犬の散歩はリードを持ったり、バッグを持ったりしているので、イヤホンのコードは思いのほか邪魔なんですよね。

うんちの処理をしている最中にちょっと引っ張られて、コードに干渉して外れる、なんてことが良くありません?

完全コードレスならそんな煩わしさはなくなります。

アップルのAirpodsなどであればいろいろできると思いますが、税込18000円以上するんです。

「いろいろできなくていい。コードがなければいい」と割り切れば3000円台からいろんな選択肢があるんです。

2. totemoiにできること

このTotemoiは4000円台と若干高いかもしれませんけど、全体の質感が高く満足しています。

あまりプラスティッキーだとちょっとね。

一応いろいろなことができるんですよ。

750mah充電BOXがついてイヤホンへ6回充電が可能。

これは毎日充電する必要がなくなるので便利ですね。

そのバッテリーを利用して携帯電話へ充電可能ですが、いちいちコード持ち歩いてません。

片耳の音楽再生/連続通話時間約4時間、最大24時間の連続使用が可能

とありますが、充電BOXに戻しながら使えばそのくらいということですね。

ノイズキャンセリング技術にも対応

ポートレイトバナー

とありますが、スイッチが入ると周りの音がなくなるノイズキャンセリングの実感はありません。

それほど際立った性能ではないと思われます。

電話にももちろん使えます。電話がかかってきたら右耳のスイッチを軽く押すんです。

これで通話できますが、電話の場合、右耳だけが聞こえます。

左耳では聞こえないので片耳使用の場合は注意ですね。

 

操作は多機能をワンボタンで使えるようになってますが、あまり使い勝手は良くありません。

そのワンボタンで

電源のon/off

音楽再生/一時停止

通話開始/終了/拒否/リダイヤル

などの操作をします。ちょっと無理がありますよね。

ドッグタグ バナー

2. イヤホンに何を求めるのか

つまり、「コード無しで音楽を聴く」以外はあまり使い勝手がよくないですが、それでいいんです。

CTAタグ 赤

イヤホンにいろいろなこと求めないので。

初めはね、多機能に期待するんですよ。でも、結局使わなくなります。

私も最初はイヤホンからsiriを呼び出したいと思ってました。

でもイヤホン聴きながらsiriを使うことはあまりなかったんですよね。

だいたい、iphoneに向かってsiriにものを聞くのだって、外でやったら結構恥ずかしいのに、iphoneなしでsiri使います?

傍からみたら完全に変な人ですよね。

結局いつも安定してペアリングできるか、耳から外れやすくないか、長時間使えるのか、耳が痛くならないか、音質に満足できるか、あたりに納得できるイヤホンであればいいんじゃないでしょうか。

その意味ではTotemoi、とてもいいんですよね。

3. 追記(2018/10) 10ヶ月で故障しました(笑

購入して10ヶ月くらいでしょうか。左耳のイヤホンが聞こえなくなりました。

充電してすぐは良いのですが、その時間が徐々に短くなり、今では30分もすると、右耳だけのモノラルでしか使えなくなってしまいます。

完全ワイアレスイヤホン(の安いヤツ)のレビューではほかのものでもよく言われる故障ですね。

犬散歩用にイヤホンは必要で、片耳でも不都合はないのですが、やっぱり気持ち悪いので、新しい完全ワイアレスイヤホンを買おうと。

そりゃあ「airpods」がきっといいんだろうなあと思います。

でもね、税込で18000円越えますよ? たかだかイヤホンにそれは出せないなあ。また壊れるかもしれないしなあ、ということで、また安いヤツ買いました。

vidgooという聞いたこともないメーカーのもので、3800円! 本当は10000円くらいで信頼性がある国産ブランドのものとか出ればいいのですが、そういうスペックだといきなり30000円とかになっちゃうんですよね。「airpods」って実は安いんですよ。それらとの比較では。
完全ワイアレスイヤホン
これは「安物買いの銭失い」なのかもしれない、とおののきながらポチっとしているわけです。

うーん、10ヶ月しか持たないとしても、「airpods」を買うと思ったら、4.7回買えますからね。

すると×10ヶ月で47ヶ月、ほぼ4年です。「airpods」さすがに4年保たないんじゃないかなー。

それでも銭失いだったかなー? と千々に乱れています。

4. 追記の追記(2018/10)vidgooは一回使っただけで故障!

vidgoo、一回使っただけで充電ができなくなり、使えなくなりました。

もちろんアマゾン経由でクレームのうえ、返金をお願いしていますが、今のところ誠意のある回答はありません。

返金を求めると「充電の仕方」を指示するメールが来たり(左耳のピースが点滅を繰り返し、電源が入らなくなっているので充電の問題ではなくなっているのですが)アマゾンにネガティブなレビューを星一つで書いたら「返金するからレビューを4つ星にしてくれ」など支離滅裂。「レビューを書き換えるのは返金いただいてからです」と返しましたが、その後音沙汰ありません。

中華イヤホンはこんなもんだということは理解しますが、アマゾンもそのような提供者は駆逐していかないと「闇市」状態になってマイナスイメージが増殖してしまうと思いますけどね。

5. 結局「airpods」を買う

ということで「airpods」を買いました。

もちろん高かったのですが、すぐに壊れたり、そのあとのやり取りなど精神的な苦痛を考えると逆に安いのか と思いまして。

表参道のAppleStoreでソッコー買ってしまいました。あーあ。

→AppleWatch4とAirpodsで極楽犬散歩

5. 追記の追記の追記(2018/10)

vidgooより返金があったことがアマゾン経由でメールで知らされました。

対応していただいたのでレビューは取り下げようと思います。

学生ならともかく、忙しい社会人として「壊れる前提の中華イヤホン」はおすすめできないですね。反省です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です