AppleWatchは犬散歩の最良の友

1. 犬との散歩にAppleWatch

Modified on: Jul 17, 2019

合わせて読みたい 「TARZAN 心が整い、カラダが強くなる! 犬と楽しむフィットネスライフ。」

AppleWatch使ってますか?

犬と散歩するとき、ドライブ先で出歩くとき、AppleWatchがとっても役立ちます。

どのくらい歩いたか、どんなペースで歩いたかを記録できるためです。

健康のためには1日に1万歩歩こう!と言われますが、犬との散歩を利用すれば割合簡単です。

朝夕30分づつ散歩に行きます。この間歩数を数えたのですが、1分間に100歩くらいのペースでした。

すると30分で3000歩、1日2セットで6000歩です。

特別なことをしなくても4000歩くらいは生活の中で歩くので1万歩歩けちゃうわけです。

Tシャツバナー

これだけなら、万歩計をつければ良いのですが、AppleWatchが良いのは心拍数を測れることです。

ダイエットにはウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が有効なのはご存知ですね。

酸素は脂肪の分解時に必要だからです。一方激しすぎる運動は逆に脂肪の燃焼効率を落としてしまうと言われているんですよね。

ではどのくらいの強さなら良いのか? 理想は全力で運動したときの最大心拍数の60−70%の強度と言われています。この状態を維持すれば最も効率よく脂肪が燃焼してくれるのです。

では最大心拍数ってどれだけなのか? それには公式があってその人の最大心拍数は220ー年齢と言われています。

例えばあなたが40歳なら220−40で最大心拍数は180ということですね。

その60−70%が最も効率よく脂肪を燃焼させるわけですから、180×60%で108くらいの心拍数を維持して散歩できればいいと言うことです。

AppleWatch

2. 心拍数をコントロールしながら散歩する

AppleWatchは左手にしているだけで常に心拍数を記録してくれますが、私は散歩のときは、心拍数を測るアプリを立ち上げておきます。

通常の心拍数から100以上にあげるためにペースを上げなければいけないとか、心拍数が上がりすぎたから少しペースダウン、などを考えながら運動強度をコントロールします。

ついてくる犬が大変? いえいえ、1分100歩のペースは小柄なノーフォークテリアにも無理がないようです。

まあ、うんちなどでは止まらなければいけませんけどね。

ダイエットしようとすると勢い込んでどうしても激しい運動を求めてしまいますが、これは辛いし続かないです。

60%ほどの運動強度なら長い時間続きそうですし、始めるときにも億劫になりませんよね。

犬を飼っていれば散歩に行かないわけには行きません。

その結果、犬の飼い主は寿命が長いという研究結果も出ましたね。

 

1日30分の散歩で犬も幸せ、飼い主も幸せ、です。

AppleWatchをして今日も散歩に行ってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です