ドッグスリングを買ってみた 使い心地は?

ドッグスリング

1. ドッグスリングってなんだ?

 

合わせて読みたい横浜ドッグウィーク関係

Modified on: Jul 17, 2019

最近は犬を連れて行けるところ増えてきましたよね。

郊外にあるアウトレットなんかは大抵犬オッケー。ドッグカフェなんかもあったりして散歩がてら利用することが多いです。

でも、敷地内は犬オッケーでも店舗の中となると「バギーか抱っこ」しかだめってお店も多いです。
バギーは使ったことないですが、どうみてもかさばりそう。

お値段も高そうってことで、このあいだ遊びに行った横浜ドッグウィークで「ドッグスリング」なるものを買ってしまいました。

ドッグスリングとは要するに犬用の抱っこ紐のことですね。

「sling」ってのは吊るという意味らしいです。

キャラクターバナー

ワンショルダーの肩掛け布で犬を抱きかかえる補助をするものですね。

ま、6.4キロくらいならそんなものなくても、と私は思いますが、奥さんは欲しいようです。

2. ドッグスリングを選ぶポイントは?

はじめに犬の体重を言うと一つ大きめのものを渡されました。

確かに犬の大きさからいうとこっちの方が良いっぽいのですが、犬を入れてみるとスリングは奥さんの腿のあたりまで下がってしまいます。

歩いたら犬を蹴ってしまいそうです(笑。

これはサイズとしては適切ではないようです。

人間の重心はへそのあたりなので、そこを大きく外れて重量物をぶら下げると、重く感じるものらしいんですよ。

一つ小さめのスリングをお勧めされて、試したところ、ちょっと犬は窮屈そうなんですが、バランスはバッチリ。

さっきのものより楽に抱けると言うことでした。
それとワンショルダーなんで、なるべく肩にかかる布や紐が広いものを選ぶのが良いそうです。

そうですよね。細かったら食い込んじゃいますもん。

その細い紐に犬の全体重がかかってくるため長時間の抱っこが苦しくなるようですよ。
また、布が柔らかすぎたり、伸びたりするのはどうでしょうね。

6.4キロの重さをずっと支えるわけですから、なるべく頑丈な方が良い気がします。

ただ、携帯性とトレードオフの話になるので、ここはバランスですね。
で、その隣のブースでは「リュックタイプのキャリングバッグ」も売ってました。

すごくしっかりしていそうで、両肩で背負うので、重さも分散できそうです。

ただ、バギーと一緒でやっぱり嵩張りそうなんですよね。

なんでもそうなですが、かさばったり重かったりすると、2、3回使ってお蔵入りなんてこと多いです。
布製のスリングであれば、使わない時にはバッグに入れておけます。

どこにでも意識せずに持っていけそうなんで、こちらにしました。普通に洗濯もできそうですしね。

ワンショルダーだけ気になりますが、8キロくらいまでは大丈夫ということでした。
細かい柄のものは犬を入れずに肩にかけているとインドの人のファッションに見えてしまったので、無地! カーキ一色! に決定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です