Microsoft Pixで犬を撮る

ノーフォークテリア

1. 動き回る犬を撮影するには
一眼も持っていますが、ミラーレスでも大きくて重いので、いつも持っていくわけには行かない。

一眼のカメラってそういった趣味の方以外にはやはり「ここ一番」のシチュエーションで活躍するものですね。

それと比べるとiphoneのカメラは「いつでも持っている」ことが最大のアドバンテージです。

カメラの性能もどんどん良くなっていって、今ではボケ足もつけられるし(7plus 8plus X)充分です。足りないとしたら、それは私の腕です。

そんな私の腕の不足で最も困るのは犬を撮るとき。

構図とか、光とか、いろいろ不足してますが、何より困るのは「ピント」が合わないことです。

バナー

犬って動きますから、ベストのときにシャッターきることが難しい。

「バースト」という連写の機能がありまして、連写したものの中からベストを選ぶことができますが、それをドライブ先でずっとやっていたら、アルバムがものすごいことになってしまいます。

もし、あなたが同じような悩みをお持ちなら、カメラアプリのMicrosoft Pixがおすすめです!

ドッグタグ バナー

2. Microsoft Pixを使ってみよう!

今旬な「AI」を使ったカメラアプリで、AppStoreから無料でインストールすることができます。

Microsoft Pixの最大の特徴は、シャッターを押そうとした、その前の時点から10枚の写真を連写すること。

シャッターを押す前のほうがしっかり止まっていたのに!

よくありますよね。犬の撮影では。

Microsoft Pixならそんなチャンスは逃しません。なんたってシャッター押す前から写真撮ってるんですから。

10枚の一瞬の連写からベストショットが最大で3枚まで選ばれてアルバムに残されます。

CTAタグ 赤

まあ、これなら「バースト」してからベストショットを選んで残しても同じです。

Microsoft Pixのすごいのは、ベストショットに残されなかった他の写真も、ベストショットを補正するために使われるんですね。

明るさや色味、コントラスト、ブレ、ノイズをすべて調整して、「この瞬間で最も良い」写真がカンタンに撮れます。

AI恐るべしっていうか、こういう使い方があるのかーって感じです。

デジタルでカメラを作るっていうことは、これまでのカメラを置き換えるのではなくて、全く違うコンセプトに進むことなんですね。

3. Microsoft Pixはシャッター音も消せる

シャッター音を消せることもMicrosoft Pixが犬撮りに向いている理由です。

特に室内で取る場合に、シャッター音が出てしまうと、神経質な犬の場合、気にしてしまい、自然な表情が取れませんからね。

それからドッグカフェで取る場合もシャッター音気になりますよね。

咎められはしないけど、シャッター音がなければ、よりアクティブに写真が取れそうです。

「設定」の中の「Microsoft Pix」→「Microsoft Pix設定」→「シャッター音」で消すことができます。

実はiphoneの標準カメラはシャッター音をどうやっても消せませんから、その点でも使いみちは広そうですね。

ただし、フラッシュを使うときには、この設定は無視されるようです。

音がなりますので注意してください。

CTAタグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です