ミニチュアシュナウザーってどんな犬? 特徴を調べてみた

1. ミニチュアシュナウザーってどんな犬?

合わせて読みたい

 Modified on: Jul 17, 2019

髭面がいかにもいかめしいシュナウザー。番犬や猟犬のイメージがありませんか?

シュナウザーは大きさによってジャイアント・スタンダード・ミニチュアの3種類に分けられるそうです。

ジャイアントシュナウザーとミニチュアシュナウザーでは体重で約10倍、体高に約2倍の差にもなりますねー。

シュナウザーは第一次世界大戦では、ドイツの軍用犬として用いられたほど、賢さ、忠誠心に秀でた犬ですが、もともとは14世紀にネズミの駆除や、荷車を引くなどの使役犬として使われていました。

シュナウザーの「ヒゲ」は獲物の反撃から身を守るためのものと言われているようですね。

ドイツからアメリカに渡り、人気になったミニチュアシュナウザーですが、ブルース・リーの愛犬だったことも有名なんですねー。

2. ミニチュアシュナウザーの体の特徴

体高は30〜35センチくらい、体重は5〜7キロくらい。

Tシャツバナー

ミニチュアシュナウザーといえば威厳のある?まゆ毛やひげのような顔の毛が特徴的です。
「シュナウザー」はドイツ語で「ヒゲ」の意味ですね。

筋肉質で四角い骨太な体型を持っています。

最近はあまりやらないと聞いていますが、断尾や断耳をしてシャープなイメージを作ってきたようですね。

毛色で最もポピュラーなのがグレーと白。このグレーと白の毛色のことを「ソルト&ペッパー」といいます。

次いで多い色は「ブラック」です。全身が真っ黒な被毛で、胸にホワイトの班があるものが多いです。

体全体はブラックで口周りやまゆ毛、胸、足などにホワイトの毛色が入る「ブラック&シルバー」。

そして珍しい毛色としては「ホワイト」があります。

さらにスタンダードとしては認められていない他の色のシュナウザーも存在します。

被毛の上毛は硬くてワイヤーのようですね。

3. ミニチュアシュナウザーの性格

調べていて驚いたんですが、ミニチュアシュナウザーはテリアではありません。
たしかに分類上テリアの仲間とされていますが、これまでの血統でテリアが入ったことはないそうです。

あの顔と「テリア独特の頑固さのイメージ」から、「飼いにくい犬なのでは?」と思ってましたが、全くの誤解でしたね。

実際にはとても穏やかで賢く飼いやすい犬種のようです。
なんたって別名が「最良の家庭犬」ですからね。ノーフォークテリアの「草原の小悪魔」とのなんたる差でしょうか(笑。

好奇心が強く、遊び好きで家族が大好きです。

なかでも、子供が好きで子供を守る行動をみせたりするほどです。

警戒心が強いため無駄吠えをすることがありますが、人に良く従うため、十分に訓練訓練することでコントロールは可能なようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です