犬がトイレで寝る理由と正しい対処法

犬がトイレで寝る理由と正しい対処法

犬がトイレで寝るのは、飼い主にとって驚きかもしれませんが、実はそれほど珍しいことではありません。この記事では、犬がトイレで寝る理由と、正しい対処法について詳しく解説します。

犬がトイレで寝てしまうのはなぜ?

犬がトイレで寝てしまう原因はさまざまです。以下にその代表的なものを紹介します。

本来の寝床が落ち着かなくて気に入っていない

犬は居心地の良い場所で寝ることが必要です。
もし寝床が居心地が悪い場所にある場合、犬はトイレで寝ることを選ぶ可能性があります。また、素材や感触が嫌いな場合も同様です。

トイレが落ち着く場所に

犬は自分の排泄物から生じる匂いが好きです。
そのため、トイレを自分の居心地の良い場所として認識する可能性があります。

飼い主がかまってくれる

犬は飼い主にかまってもらうことが好きです。
犬がトイレで寝たことに大騒ぎをしてしまうと、飼い主にかまってもらいたくて同じことを繰り返す場合も。

トイレと寝床の違いがわかっていない

トイレトレーニングをしなければならない時期に、トイレと寝床の違いがわからない場合があります。そのため、トイレで寝ることがあるかもしれません。

トイレトレーが落ち着く トイレシートが好き

犬は、自分の匂いがする場所を好むことがあります。トイレトレーやトイレシートには、犬の匂いが残っている場合があります。そのため、そこで寝ることがあるかもしれませんね。また、犬が自分の排泄物を近くで感じていることで、排泄行動と睡眠を関連づけてしまっている可能性もあります。

犬は寝床についてどう感じている?

犬は、自分の寝床に関してとても敏感です。
犬にとって、寝床は安心できる場所であり、日々のストレスから解放される場所でもあります。犬は、自分の寝床に慣れ親しむために、その場所を自分の匂いで満たしたり、ふかふかのマットレスやクッションを置いたりします。快適な環境が大好きなんですね。

 安心できる場所を寝床にしてしまう

犬は、自分が安心できる場所でしか寝たくないため、寝床が環境的に落ち着かない場合には、トイレで寝ることがあります。この場合、寝床の環境を整えることで、犬がトイレで寝ることを防ぐことができます。例えば、犬が好む素材のベッドを用意したり、周囲に何か犬にとって安心できるものを配置することができます。

犬はきれい好き

犬は、排泄物と寝床を同じ場所で行うことに対して、本能的に嫌悪感を抱きます。
しかし、犬がトイレで寝るという行動をしてしまうのは、トイレと寝床の区別がつかない場合があるからです。この場合、きちんとトイレトレーニングを行うことで、犬がトイレで寝ることを防ぐことができます。

犬をトイレで寝かせない方法

犬がトイレで寝るのを防ぐためには、以下のような対処法があります。

寝床の環境を整える

犬が快適に眠れる環境を整えましょう。
ベッドやクッションを用意し、犬が寝やすい場所に配置することで、犬はトイレではなく寝床で寝るようになります。

寝床で寝たら褒める

犬が寝床で寝ることができたら、褒めてあげましょう。
犬は飼い主の褒め言葉に敏感な動物です。褒められることで、犬は寝床で寝ることが正しい行動だと認識し、トイレで寝ることをやめるようになります。

トイレのスペースをきっちり分ける

トイレと寝床のスペースを分けましょう。
トイレと寝床を近くに配置すると、犬はトイレで寝ることがあるため、きちんと分けることが必要です。

飼い主の匂いがするものを用意する

犬は自分の飼い主の匂いを好む傾向があります。そのため、飼い主の匂いのするものを寝床に置いてあげることで、犬がトイレで寝る行動をやめさせることができます。
例えば、使用済みの衣服や毛布などを寝床に置いてあげることで、犬は自分の居心地をよくすることができます。

トイレトレーを替える

犬がトイレで寝る行動が頻繁に繰り返される場合、トイレトレーを替えることで対処できることがあります。
トイレトレーに使用する素材や感触が犬にとって居心地が悪い場合、犬はトイレトレーを寝床として利用しなくなります。
そこで、犬が嫌うメッシュ素材を使ったトイレトレーに替えてあげることも有効ですね。

トイレと寝床の置き場所を逆にする

犬がトイレで寝る場合、トイレと寝床の位置関係にも問題がある場合があります。
トイレと寝床が近すぎる場合、犬はトイレと寝床を混同してしまい、トイレで寝る行動をとってしまう可能性があります。
そこで、トイレと寝床の置き場所を逆にすることで、犬がトイレで寝る行動を防ぐことができます。

トイレをこまめに消臭する

犬がトイレで寝る理由の1つには、トイレについた自分の臭いが好きな場合があります。
そのため、トイレをこまめに消臭することが大切です。消臭剤やトイレ用のスプレーを使ったり、トイレシートを定期的に替えたりすることで、犬がトイレで寝る習慣を改善することができます。

まとめ

トイレではなく寝床をいかに快適にしてあげるかですね。
犬用のクッションなどで工夫してあげるのがいいのではないでしょうか。